塩スイカのような飲み心地? 「塩分補給!夏の塩スイカ」ダイドードリンコから発売

2013/06/19 14:45

塩分補給!夏の塩スイカダイドードリンコは2013年6月11日、夏の新商品として機能性飲料「塩分補給!夏の塩スイカ」を同年7月1日から、全国のコンビニ、量販店などで発売すると発表した。価格は147円(税込)、500ミリリットルペットボトル入り(【発表リリース:塩分と水分をおいしく補給!スイカの味わいに海洋深層水由来の塩を加えた、夏の機能性飲料】)。


↑ 塩分補給!夏の塩スイカ

以前【2013年の夏は暑くなりそう】などで解説しているように、今年の夏は平年同様、あるいはそれ以上の暑さが予想されており、水分や塩分補給においても機能性飲料の需要が高まるものと思われる。そこで新たに投入される商品や、既にブランドとして定着したロングセラー商品に対し、差別化を図ると同時に「存在感」を打ち出すべく、日本の夏の定番ともいえるスイカに注目して作られたのが今商品。日本人になじみやすい「塩とスイカの組み合わせ」をテーマにした機能性飲料として誕生することとなった。

今商品はスイカの味わいに海洋深層水由来の塩を加えた、夏の機能性飲料。素材にはスイカの果汁と、高知県「室戸海洋深層水」由来の塩を使い、甘みを感じつつもすっきりとした飲みやすい味わいに仕上げている。

また発汗で失われる水分や電解質を補給でき、熱中症対策として使われることが多いナトリウム量を含んでいるため、近年続く夏の猛暑で悩まされる熱中症対策として美味しさを楽しみながら飲める仕様となっている。

パッケージは、海の宝石をイメージしたアクアジェルボトルを採用。青空と氷のビジュアルでそう快感と冷涼感を表現。そして中央に大きく配した「塩」の文字で、商品名にもある塩分補給を強烈にアピールしている。レトロなイラストで全体の雰囲気をまとめ、古き良き日本の夏を思い出す、なつかしさを覚えるデザインに仕上げたのもポイント。

塩をふりかけたスイカは暑い夏に涼を採るのには最適の、そして定番の組み合わせ。その味わいを飲料化となると、大まかな味はイメージできるものの、具体的にどのようなものになるかまでの想像は難しい。スイカのみずみずしさが極まった感じになるのか、あるいは一部で行われている「スイカのかき氷」のような味覚を体感させてくれるのか。少々気になるところではある。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー