マックの専用カフェ「マックカフェ」で「チョコフラッペ」「ストロベリースムージー」が期間限定登場

2013/06/20 20:45

「チョコフラッペ」「ストロベリースムージー」日本マクドナルドでは2013年6月19日に、同社が展開するカフェコーナー「McCafe by Barista(マックカフェ バイ バリスタ)」の新メニューとして「チョコフラッペ」「ストロベリースムージー」の2商品を同年6月21日から9月下旬(予定)までの期間限定で販売すると発表した。マックカフェ営業時間(7時-22時)のみ。価格は「チョコフラッペ」がMサイズ360円・Lサイズ400円、「ストロベリースムージー」がMサイズ420円・Lサイズ460円(【発表リリース:『McCafe by Barista』に涼やかなフラッペとスムージーが登場】)。


↑ 「チョコフラッペ」「ストロベリースムージー」登場イメージ

「McCafe by Barista」とは、マクドナルド店舗内に専用ブースを設けて専任バリスタによって併設展開するカフェコーナー。エスプレッソベースの本格カフェコーヒーを中心に、ドリンク全19種類、スイーツを中心としたフード15種類のメニューを提供する。対応店舗数は6月18日時点で54店舗。

今回登場の2種類のドリンクは、同カフェでは初の期間限定商品となる。「チョコフラッペ」は、コクのあるチョコレートフレーバーとほろ苦いココアのフラッペで、ホイップクリームを大いにトッピングし、チョコレートとの組み合わせを楽しむことができる。一方「ストロベリースムージー」は、2種類のストロベリー果肉の入ったぜい沢な味わいのスムージー。食するたびにストロベリーの甘さと酸味が、さわやかに口の広がっていく。

カフェではすでにて「エスプレッソフラッペ」と「マンゴースムージー」の2種類のフラッペ・スムージーも展開されており、今回の限定商品によりフラッペ・スムージーそれぞれ2種類、計4種類の品ぞろえとなる。

店舗数がまだ少なく、食せる機会がなかなか得られないのが残念だが、これから暑くなる時期には魅力的な商品に違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー