「エビ」と「絶品チーズ」が一つに…合体バーガー、ロッテリアから登場

2013/06/21 06:55

エビ・絶品ツインバーガーロッテリアは2013年6月20日、同社の人気商品「エビバーガー」と「絶品チーズバーガー」を一つに合体させた「エビ・絶品ツインバーガー」を、同年7月4日から7月31日までの期間限定で発売すると発表した。価格は500円(税込)。細長いバンズに、二つのハンバーガーの具材が丸ごと入っているのが特徴(【発表リリース:ロッテリア人気の味がついに合体】)。


↑ エビ・絶品ツインバーガー

今回登場するのは、1977年にロッテリアが世界で初めて商品化を果たし、以後35年以上の歴史を持つ「エビバーガー」、そしてハンバーガー創りの原点に立ち、原材料と味の総合バランスへのこだわりを見せて開発した「絶品チーズバーガー」、この看板商品2品について、「この美味しさを多くの人に堪能してほしい」との想いから開発されたもの。一つ一つを別個に提供するのではなく、「2つの看板商品を同時に試せるように」との考えに基づき、創り上げられた。

「エビ・絶品ツインバーガー」の構成要素は次の通り。エビ本来の食感を最大に引き立たせるため、自家製パン粉を用いて衣のサクサク感を演出したエビのプリプリ感が絶妙なバランスのエビパティと、キャベツとオリジナルのタルタルソースを合わせた「エビバーガー」が一つ。そしてシンプルな美味しさを徹底追求し、煮込み料理で旨味だし汁としても使用される牛筋肉を練りこんだ肉汁感にあふれる絶品パティに、ゴーダチーズとレッドチェダーチーズを合わせた「絶品チーズバーガー」がもう一つ。この2種類の具材を、200度のオーブンで焼き色がつくまでしっかり焼き上げたソフトフランスバンズで挟みこんでいる。

二種類のハンバーガーを同時に提供する場合、通常は個々の具材を縦に積み上げ、通常のバンズではさむスタイルを想像する。しかし今件は個々の具材の旨みを存分に味わってもらうため、あえて横に配したのが注目に値する。単品での「エビバーガー」は290円、「絶品チーズバーガー」は360円であることを考えると、500円は確かにお値打ちであり、「看板商品を試してほしい」との意図も理解できる。

意外で面白い切り口の「エビ・絶品ツインバーガー」。まさに「この発想は無かったわ」的なものとして、注目を集めるに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー