ガリガリ君歯磨き粉再び登場、今年は人気のソーダ・コーラ香味

2013/07/04 09:45

ライオンこども ハミガキ ガリガリ君ライオンは2013年7月3日、愛らしいキャラクターで有名なアイスキャンディー「ガリガリ君」の香味とキャラを採用したチューブスタイルの歯みがき(歯磨き粉)「ライオンこども ハミガキ ガリガリ君ソーダ香味」「同 コーラ香味」を同年7月17日から数量限定で発売すると発表した。価格は双方ともオープン価格。内容量は40グラム。医薬部外品(【発表リリース:夏休み中も「ガリガリ君」の香味で子どもの楽しい歯みがき習慣を応援】)。


↑ 「ライオンこども ハミガキ ガリガリ君ソーダ香味」(左)と「同コーラ香味」(右)

ライオンの「こどもハミガキ」は発売以来今年で100周年を迎える、歴史のある歯みがき。昨年2012年には【「ガリガリ君」が歯磨き粉で登場】で紹介したようにアイスキャンディー「ガリガリ君」のソーダ・パインの香味を採用した数量限定品を発売。これが「子供が楽しんで歯みがきできる」「自発的に子供が歯みがきをするようになった」など、高い評価を集めるものとなった。そこで今回、第二弾として、子供が「歯みがきにしてほしいガリガリ君の香味」として挙げた上位2種類の香味の「ソーダ」「コーラ」を採用し、数量限定で発売するとこととなった。

歯みがきそのものには薬用成分「フッ素(フッ化ナトリウム)」を配合し、虫歯予防に効用が期待できる。またキャップには開けやすく、さらにはその部分のみが転がるなどして無くなったりしないよう、本体と一体型のもの採用。そしてビジュアルにはガリガリ君が楽しく歯みがきしているオリジナルのイラストを3種類用意し、子供達の歯みがきを後押しする。

ライオン側では今回の「ライオンこども ハミガキ ガリガリ君」2種の発売を通し、生活リズムが崩れがちな夏休み中でも、楽しく自発的に歯みがきをするような習慣を身に着けるよう、応援するとコメントしている。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー