ガンダムのハロを模した冷たいどら焼き「ハロドラ」、GUNDAM Cafe限定で発売

2013/07/09 15:45

ハロドラバンダイは2013年7月9日、ガンダムのオフィシャルカフェ「GUNDAM Cafe」において、「機動戦士ガンダム」のキャラクター「ハロ」を模した冷たいどら焼き「ハロドラ」を、同年7月10日から同カフェの秋葉原店・ダイバーシティ東京 プラザ店・東京駅店で発売すると発表した。抹茶小倉クリームと小倉クリームの2種類で、価格はそれぞれ220円(税込)(【発表リリース(PDF):冷たいドラ焼き「ハロドラ」 7月10日発売】)。



↑ 「ハロドラ」パッケージ(上)と中身(断面図)(下)

「ハロドラ」は、「GUNDAM Cafe」限定での発売商品。「機動戦士ガンダム」に登場する、男女共に人気の高いボール形状のキャラクター「ハロ」をモチーフにした、冷たいどら焼き。しっとりとしたもちもちの食感の白い生地の上に、焼印でハロの愛らしい全体像を描き、中には程よい甘さのクリームをはさんでいる。パッケージは中央部分を透明にしており、外からでもハロの全体像が見える仕組みなのも素敵な演出の一つ。

なお「抹茶小倉クリーム」は東京駅店で先行販売、「小倉クリーム」は秋葉原店・ダイバーシティ東京プラザ店・東京駅店で販売する。早期に双方を確実に入手するには、東京駅店が確実ということになる。

「GUNDAM Cafe」では「GUNDAM Cafe クールサマープロジェクト」と称し、今回登場する「ハロドラ」以外にも、夏向けのガンダムスタイルな新メニューを提供する。具体的には「ガンダムカフェカキ氷」「スーベニアカップ付 ジャブローソフトクリーム」「ザクとうふ冷奴」などが各店舗で展開中。

中でも東京駅店で販売中の「ザクとうふ冷奴」は、単品でも販売されている「ザクとうふ」のイートイン版で、中央に「ザクとうふ」を配し、周囲に塩・だししょう油・青ねぎ・しょうがの薬味をセット。さらにドリンクのセットやハロ小皿のセットなども用意している。


↑ ザクとうふ冷奴

「ハロドラ」におけるパッケージから顔をのぞかせるハロの愛嬌ある姿に、多くの人がとりこになるに違いない。「GUNDAM Cafe」限定商品なのが残念だ。


(C)創通・サンライズ

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー