夏に冷やしたメロンパンはいかが? ローソンから冷やして食べるしっとりメロンパン登場

2013/07/14 20:00

冷やして食べるスイーツパンローソンは2013年7月12日、同社のパンシリーズ「冷やして食べるスイーツパン」の第四弾として、「冷やして食べるしっとりメロンパン」を、同社店舗(ローソンストア100以外)で同年7月16日から発売すると発表した。価格160円(税込)。熱量277Kcal(沖縄の販売品は292Kcal)。同シリーズでは初めて旬のフルーツの果汁を使っているのが特徴(【発表リリース:「冷やして食べるしっとりメロンパン」発売】)。


↑ 冷やして食べるしっとりメロンパン

今回発売される商品は、今が旬の「富良野産のメロン果汁入りのクリーム」と「純生クリーム」を、メロン果汁入りのしっとりとしたパン生地で包みこんだメロンパン。一口めからさわやかなメロンの香りと味わいを楽しめるのがポイント。すでに梅雨も明け、夏真っ盛りの天候と気温が続くこの時期に、冷えた食感を楽しみながら味わうことができる、ひんやりとしたスイーツパンとして仕上がっている。

ローソンでは2012年4月から「冷やして食べるスイーツパン」を提唱して商品を開発、販売を開始している。チルドで提供することで砂糖の使用量を減らし甘さを抑える効用があり、普段菓子パンには手を出しにくい層からも高い評価を集めている。さらにPonta会員カードのデータ分析によると、このシリーズは13時から14時、19時から20時の食事時に、サンドイッチやデザートとあわせて購入している人が多いことが分かった。おやつ時に、あるいは夕食を軽く済ませたい人が、ひんやりとした菓子、あるいは主食代わりに購入しているようだ。

昨今では梅雨も平年より早く明け、各地域で真夏日・猛暑日を相次いで記録し、春先の長期予想通り暑い夏が到来している。ローソンでも別途リリース(【レンジで温めるアイスデザート「フローズンスイーツ」 販売好調】)を出しているが、レンジで温めるアイスデザート「フローズンスイーツ」が7月6日から11日までの6日間で販売数100万個を超えるなど、冷え物のセールスが堅調に推移している。今回の「メロンパン」もまた、多くの人に喜ばれるに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー