キユーピーがアヲハタジャムを9月から最大7%値上げへ

2013/07/18 14:45

キユーピーは2013年7月17日、同年9月2日出荷分からジャム商品の一部について、価格を約4-7%引き上げる価格改定を行うと発表した。主力商品では1990年以来、23年ぶりの値上げとなる。輸入コスト増や各種材料輸入価格の上昇を反映した形(【発表リリース:ジャムの一部商品の価格を改定します】)。


↑ キユーピー(アヲハタ55)のジャム。この写真の場合、アンズジャムとレモンママレードは価格が据え置きとなる

キユーピー側では1990年にジャム全品の価格改定を実施して以来23年間、果実原料の価格が徐々に上昇する中、製造工程の合理化などによるコスト吸収努力を重ね、価格を据え置いたままでの販売を継続していた。ただしブルーベリーを使った商品のみ、2006年と2007年に値上げをしたが、その後2009年に値下げを実施している。

しかし近年に至り、ジャムに使用する果実原料の価格は新興国の需要増加、人件費やエネルギーコストの増加などにより一段と上昇。それに加え、昨年来の為替相場変動(円安化)の影響も受け、現状の価格での販売は難しい環境と判断。主力のジャム価格について、一斉引き上げを行うこととなった。

価格の引き上げ率は、「アヲハタ55ジャム」シリーズの一部商品が約4-7%、「ランプジャム」シリーズが約4%。詳細は次の表の通り。


↑ ジャム価格改定内容詳細

「アヲハタ55」のうち「リンゴジャム」「アンズジャム」「レモンママレード」「マンゴージャム」については、果実原料の価格上昇幅が比較的小さい(国産割合が高い、相場が安定しているなどが理由)ことから、価格は据え置かれる。

キユーピーでは今件に先立つ5月、家庭用・業務用マヨネーズなどの価格を7月出荷分から2-9%引き上げている。こちらも理由は同様で、食用油などの原材料価格の値上げに伴うものである。

同社のジャム好きな人には、少々お財布が痛い話かもしれない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー