食物アレルギー配慮の「それいけ!アンパンマンお茶づけ」「まぜこみごはんの素」、永谷園から発売

2013/07/19 14:45

それいけ!アンパンマンお茶づけとまぜこみごはんの素永谷園は2013年7月18日、食物アレルギーに配慮した、アンパンマンのキャラクタを用いたお茶漬け「それいけ!アンパンマンお茶づけ」と、混ぜご飯の素「それいけ!アンパンマンまぜこみごはんの素(鮭わかめ・青菜わかめ)」を同年8月5日から全国で発売すると発表した。価格は128円・138円(それぞれ税込)。「卵・乳・小麦・そば・落花生・大豆」不使用なのが特徴(【発表リリース(PDF):かわいい「アンパンマン」のかまぼこ入り-】)。


↑ 「それいけ!アンパンマンお茶づけ」(左)と「それいけ!アンパンマンまぜこみごはんの素(鮭わかめ・青菜わかめ)」(右)

永谷園では2003年に子供向けレトルトカレーで食物アレルギー配慮商品を発売した後の反響を受け、社内に「A-FREE委員会」を設置。専門医やアレルギー団体などの意見を受けながら、アレルギー配慮商品の開発を推し進めている。主に子供向け商品として、現在は「A-Label」「それいけ!アンパンマン」「獣電戦隊キョウリュウジャー」シリーズが展開中。今回の商品も、それらの考えに連なるものとなる。

今商品群では卵・乳・小麦・そば・落花生・大豆を使用していないのが最大の特徴。そして子供が楽しく、安心して食べられるよう、アンパンマンのかまぼこ入りなのと共に、塩味をひかえめにしてやさしい味わいに仕上げている。

また「それいけ!アンパンマンお茶づけ」では子供が食してもこぼし難いよう、お湯の使用量を60ミリリットルにしている(通常の「お茶漬け海苔」は150ミリリットル)のと共に、「それいけ!アンパンマン」のキャラクターシールが1袋に1枚同梱させている(全24種類)。「それいけ!アンパンマンまぜこみごはんの素」は好きな量に調整できる大袋タイプで、ふりかけなどでも人気の高い「鮭わかめ」「青菜わかめ」の2種類をラインアップとした。

子供のアレルギー体質で食のレパートリーの充実に頭を悩ませている保護者には、嬉しいラインアップに違いない。


(c)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー