ひとくちアイスのピノから「レアチーズ味&木苺チョコ」が期間限定で発売

2013/07/23 09:45

ピノ レアチーズ味&木苺チョコ森永乳業は2013年7月22日、同社の一口アイスシリーズ「ピノ」の新商品として、「ピノ レアチーズ味&木苺チョコ」を、同年7月29日から全国で9月頃までの期間限定で発売すると発表した。価格120円(税別)。内容量は10ミリリットル×6粒。熱量は1粒当たり33Kcal。種類別名はアイスミルク(【森永乳業:発表リリース一覧ページ】)。


↑ ピノ レアチーズ味&木苺チョコ

「ピノ」は1976年に発売を開始した、なめらかなアイスと口どけの良いチョコが、口の中で絶妙なバランスで溶け合うひとくちタイプのアイス。オシャレな形状のパッケージに3つ2列に並べられた様式と、付属の楊枝を挿して食べる上品な食し方、食べ切りでちょうど良い分量など、提供方法にもこだわりがあり、また豊富な味を続々と市場に送り出すことで、多くの人から支持を集めている。

今回発売されるのは、森永乳業独自の調査でも「好きな市販スイーツ」としてもっとも人気を集めた「チーズケーキ」を題材としたピノ。さわやかでコクのあるレアチーズ味をしたアイスを、口どけが良く甘酸っぱい味わいの木苺チョコで包んでいる。このレアチーズ味アイスには北海道産のマスカルポーネとクリームチーズを使用するというこだわりを見せており、さらに木苺チョコには木苺(ラズベリー)果汁パウダーを5%練り込むことで、レアチーズとの相性の良さを一層かきたてている。

そしてパッケージには、パティスリーや洋菓子店をイメージ。英字をあしらったデザインとし、さらにチーズケーキの写真を左下に配してオシャレ感を演出している。

鮮やかなピンク色で、まるで本格的な洋菓子のようなビジュアルの新作ピノ。アイスケースの中でもひときわ目立つ、チーズケーキ独特の甘みと食感が見ているだけで口の中に再現されそうな一品となりそうだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー