永谷園、マジックシリーズから「ビッグつくね」と「クリスピー竜田揚げ」を発売

2013/07/25 20:45

お魚マジック 切り身魚でクリスピー竜田揚げ永谷園は2013年7月24日、手間のかかるメニューが短時間で気軽に調理できる惣菜の素シリーズ「お肉マジック」「お魚マジック」の新メニューとして、「お肉マジック 混ぜるだけでビッグつくね」「お魚マジック 切り身魚でクリスピー竜田揚げ」の2品を、同年8月5日から発売すると発表した。価格はそれぞれ198円(税込)(【発表リリース(PDF):『手軽でおいしい!』と大好評のマジックシリーズ 家族がよろこぶ 新メニュー登場】)。


↑ 「お肉マジック 混ぜるだけでビッグつくね」(左)と「お魚マジック 切り身魚でクリスピー竜田揚げ」(右)

「お肉マジック」シリーズは2012年に発売を開始した惣菜の素シリーズで、「メインのおかず」で毎日の献立作りをサポートしたいと開発した商品。家庭の冷蔵庫内で常駐していることが多いお肉で「手間のかかる料理が簡単に調理できる」という基本方針のもと、下ごしらえ要らずで後片付けも簡単な調理法の商品として開発された。現在では「酢豚」「チキン南蛮」などが発売中。また2013年には同様の方針のもとで「お魚マジック」シリーズも登場し、「えびカツ」「タルタルフィレオ」などが展開中。

今回登場する「お肉マジック 混ぜるだけでビッグつくね」は、つくねの素と調味ソースがセットになっており、ひき肉と卵があればフライパンひとつで野菜のうま味と食感が楽しめる、しょう油ベースの照り焼き味の「つくね」が完成する。調理時間の目安は約7分半。

一方「お魚マジック 切り身魚でクリスピー竜田揚げ」は、衣と下味用調味粉がセットになっていて、こちらもフライパンがあれば切り身魚(ブリなど。一口大の大きさ)だけで、コショウなどのアクセントが効いた竜田揚げが完成する。調理時間の目安は約6分半。

シンプルな素材をもとに短い時間で調理し、ひと味違った惣菜を食卓に並べたり、お弁当のおかずの一品に加えたい時にはうってつけのシリーズ。今回の2品目の登場で、さらにバラエティに富んだおかずを、調理のレパートリーに加えることができるだろう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー