辛い揚げ玉付き「千里眼監修ネオ冷し中華」ファミリーマートから登場

2013/08/04 21:00

千里眼監修ネオ冷し中華ファミリーマートは2013年8月1日、話題のラーメン店「千里眼」(東京都目黒区)監修のもとに開発した冷やし麺「千里眼監修ネオ冷し中華」を同年8月6日から全国の同社店舗(北海道、宮崎県、鹿児島県、沖縄県を除く)で発売すると発表した。価格は450円(税込)。なお関西・中国・四国地方での発売は8月13日からとなる(【発表リリース:人気ラーメン店“千里眼”監修「千里眼監修ネオ冷し中華」を発売】)。


↑ 千里眼監修ネオ冷し中華

「千里眼」は濃厚なしょう油豚骨スープとボリュームのある、具だくさんなトッピングが特徴のラーメン店。今回発売する「千里眼監修ネオ冷し中華」は、同店の夏季限定の人気メニュー「冷し中華」をベースとし、すりおろしにんにくと生姜、オイスターソースなどをきかせたしょう油ベースの濃厚スープに、コシと弾力のある太いタイプの中華麺、きゅうりやパプリカなどの野菜、蒸し鶏を合わせた、食べ応えのある冷し中華。

そして同店の特徴の味つけ、唐辛子などで辛く味付けた揚げ玉をトッピングしているのもポイント。人気ラーメン店の味をコンビニで調達し、気軽に職場や自宅で堪能することができる。

冷やし系の麺類を食したいが、いつもの平凡なそうめんや冷やし中華は少々飽きが来た、何かアクセントとボリュームのある、刺激的なものを食したい。そのような需要にぴったりの一品。もちろん「千里眼」を好んでいる人には、非常に嬉しい新商品に違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー