ココイチのメニューが10年ぶりで大幅刷新、期間限定品の定番化も

2013/08/26 06:55

トマトアスパラカレー壱番屋は2013年8月23日、同社が運営する外食カレー専門店チェーンの「CoCo壱番屋」(ココイチ)において、同年9月1日から通常メニューの大幅刷新を行うと発表した。トッピングは全部で現行の35種類から全部で40種類となる。追加分では、例えば過去において展開された期間限定メニューのうち「トマトアスパラカレー」など人気の高かった4種類を定番化する。同社によるメニューの大幅刷新は10年ぶりとのこと(【CoCo壱番屋:リリース一覧ページ】)。

今回のメニュー刷新では主に「新メニュー登場」「過去の人気期間限定メニューの定番化」「既存メニューのリニューアル」が行われる。まず「新メニュー登場」では「牛カルビ焼肉カレー」「チーズインハンバーグカレー」のような肉質にあふれたボリューム感のあるメニュー、「エビあさりカレー」「海の幸カレー」のような魚介系のあっさりめなメニューなど、全部で7種類が登場。


↑ 新メニュー一覧

「過去の人気期間限定メニューの定番化」では、過去において展開された期間限定メニューのうち、リクエストの多かった人気メニュー4点(メイン3点、添え物1点)が追加される。特に「トマトアスパラカレー」はトマト系カレーを好みとしていた人には、待ち望んでいた定番化となる。


↑ 過去の人気期間限定メニューの定番化一覧

これらのトッピングの構成変更が行われる一方、一部は終了する結果、種類は全部で35種類から40種類となる。上記の「新メニュー」「定番化」以外には、「フィッシュフライ」「チキンにこみ」「フライドチキン」「メンチカツ」「ビーフカツ」について素材の見直しなどのリニューアルが行われ、「オムエッグカレー」「シーフードカレー」「うずら卵フライカレー」「プチエビフライカレー」「牛しゃぶカレー」「お子さまカレーEプチエビフライ&ソーセージ」「プチエビフライサラダ」「ベーコンサラダ」「ベーコン(トッピング)」のメニューが2013年8月末日付で販売終了となる。


↑ 変更後のメニュー一覧

一部名前が変更されているものもあるが、少なくともリニューアル・既存メニューにおいて、価格の変更は無い。販売終了となるメニューを愛食していた人には残念な話かもしれないが(特に「うずら卵フライカレー」は人気が高く、終了を残念に思う利用客が多かったようだ。またコメントでも「プチエビフライカレー」の終了を惜しむ声が確認されている)、新メニューで代替できるものも多い。また期間限定メニューの定番化も嬉しい話には違いない。ココイチ常連の人には、これまで以上に選択肢が増えたことで、足を運ぶ機会も増えることだろう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー