ナッツがサクサクな「ルックプラス(アーモンド)」などルック新商品登場

2013/09/04 20:45

ルックプラス(アーモンド)不二家は2013年9月3日に、同社の定番チョコレートシリーズ「ルック」から、同シリーズ初となるナッツ入り「ルックプラス(アーモンド)」、口どけにこだわりを見せる「ルック(ショコラ)」、そして既存の「ルック(ア・ラ・モード)」のリニューアル品の計3種類を同年9月17日より発売すると発表した。価格はすべてそれぞれ105円(税込)(【不二家:発表リリース一覧ページ】)。


↑ 上段が「ルック(ア・ラ・モード)」、下段左から「ルック(ショコラ)」「ルックプラス(アーモンド)」

今年で発売開始から51周年を迎える「ルック」だが、その歴史上初となるナッツ入りが今回発売される「ルックプラス(アーモンド)」。シュガーコートしたクラッシュアーモンドがぎっしり入っているのが特徴。口に含んだ時のカリッとした食感と、香ばしさがアクセントとなり「新しいルック」を実感させる。パッケージは赤、金、白をベースに、アーモンドを強調したシンプルな中にもインパクトのあるデザインに仕上げている。

一方「ルック(ショコラ)」は口どけにこだわった小粒サイズのセンターチョコレート(中に多様なチョコレートが入っている)。ビターミルク、マイルドミルク、ホワイトの3種類の美味しさが楽しめる、ミルクチョコのアソート商品。

そしてリニューアルされる「ルック(ア・ラ・モード)」は、4つの味が楽しめる美味しさは従来からそのままに、バナナとストロベリーの内部に収められているクリームに、それぞれの味わいのプチジュレ(細かく砕いたジュレ)を入れたのが変更点。

今回登場する品々の中では、特にシリーズ初となる「ルックプラス(アーモンド)」に注目。パッケージ写真を見る限りでは結構な量(体積)のアーモンドが含まれているようだが、従来のルックの歯ごたえ・口の中でとろけるまろやかさとはどのような味わいの違いを見せることになるのだろうか。商品名にわざわざ「プラス」を付け、アーモンドの存在感をアピールしているあたりも、その自信のほどがうかがえる。「ルック」シリーズをお気に入りにしている人には、特に気になる新商品といえよう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー