リンゴとグレープフルーツなホット炭酸「キリンの泡 ホット芳醇アップル&ホップ」登場

2013/09/05 06:55

キリンの泡 ホット芳醇アップル&ホップキリンビバレッジは2013年9月4日、キリングループの独自技術を用いて優しい泡の口当たりとホップの香りが楽しめる炭酸飲料ブランド「キリンの泡」から、ホットタイプの炭酸・カロリーオフの特徴を持つ「キリンの泡 ホット芳醇アップル&ホップ」を同年11月5日から全国のコンビニエンスストア限定で発売すると発表した。価格は124円(税抜)。内容量は275ミリリットル(【発表リリース: くつろぎタイムを華やかに彩る「キリンの泡」から、冬向け“ホットの炭酸”を新提案】)。


↑ キリンの泡 ホット芳醇アップル&ホップ

「キリンの泡」はキリングループ独自の発想と技術を活かした「ホッと一息つける」「くつろいだ気持ちになれる」という「大人のくつろぎタイム」にマッチングするようイメージされた炭酸飲料ブランド。キリン独自の技術で米を発酵させて生まれたやわらかな甘みに加え、シャンパンのようなきめ細やかでやさしい口あたり、アロマホップの華やかな香りで20代から30代の女性を中心に定評を受けている。

今回は伸長を続けている炭酸飲料市場への新たな切り口として、寒い冬でも楽しめる「ホットの炭酸」を提案商品として展開することになった。「やさしい泡の炭酸感を持続させる技術」や、ホット商品でもきめ細やかでなめらかな泡を実現する「なめらか泡製法」(特許出願中)を採用している。

中味は蜜入りりんごを連想させる芳醇なアップルと、ほんのりとしたホップの香りに、グレープフルーツのキレ味を組み合わせ、ホットならではのきめ細かく、微炭酸で、やわらかな泡の舌ざわりを実現。またパッケージには「ホット炭酸」のキャッチコピーとデザインを正面に配し、赤系統の配色を多分に行うことで、温かみを覚えるデザインにした。さらに女性のために持ち運びの利便性を考慮し、リキャップ型のボトル缶を採用している。

先日発表された別社のホット炭酸飲料「カナダドライ ホットジンジャーエール」は「新感覚のホットで楽しむ炭酸飲料」、今回は「新たに提案されたホットの炭酸」。炭酸飲料市場に新たな展開を求める、先陣を切って進む新商品の発表が続いている。こちらも発売は11月と少々先の話になるが、その味わいが気になる人も少なくあるまい。


■関連記事:
【ホットな炭酸飲料「カナダドライホットジンジャーエール」10月21日発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー