サークルKサンクス、来秋に楽天ポイントを導入

2013/09/18 13:30

Rポイントカードユニーグループ・ホールディングス傘下のコンビニ大手サークルKサンクスは2013年9月17日、2014年秋から楽天が開始する共通ポイント制度「Rポイントカード」の利用店舗として参画することを発表した。同社では現在独自のカード制度「カルワザクラブ」が運用されているが、そのポイントも簡単な移行手続きで継承できる予定とのこと(【発表リリース(PDF):2014 年秋より全国のサークルK・サンクス店舗で楽天の共通ポイント「Rポイントカード」が利用可能に】)。

「Rポイントカード」とは、ネットショップだけでなく小売業をはじめとした現実の店舗でも「楽天スーパーポイント」の活用を可能にするポイントプログラム。「Rポイントカード」に収められたバーコードや磁気情報により、ポイントプログラム加盟企業の店頭のPOSや端末を介して、楽天会員が「楽天スーパーポイント」を貯められたり、ポイントによる支払いを可能とする。

今回サークルKサンクスではこの「Rポイントカード」への参加を決定し、ポイントカードとして「サークルKサンクスRポイントカード(仮称)」の展開を決めた。これにより導入後は、決済手段に関わらず店舗で買物をするたびに「楽天スーパーポイント」がたまるようになる(「カルワザクラブ」では登録した電子マネーで購入した場合に限りポイントが貯まる仕組みだった)。このカードに登録した人は、付与された「楽天スーパーポイント」での買い物もできる。また、現在「カルワザクラブ」会員の人は、簡易な移行手続きのみで「サークルKサンクスRポイントカード(仮称)」にポイントを継承することが可能。

なお現時点では既存の楽天会員が今件カードと連動する形で利用できるか否か、「カルワザクラブ」のシステムが今後も維持されるのか、それとも全会員が自動的に移行するのかなど、詳細については明らかにされていない。

実店舗とインターネット市場との連動性による市場拡大を狙った提携・カードシステムの統合は、先日【ヤフーとCCCのポイント統合完了、ID統一化開始・通販サイトの連携も発表】でも伝えた、ヤフーとカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)によるポイント・ID制度の統合が記憶に新しい。シニア層もインターネット通販を活用しはじめるようになり、電子商取引が普及化すると共に、「ネットとリアルをリンクさせた共通ポイントサービス」に熱い視線が注がれるようになった。今回の参画も、その流れの一つと見て間違いない。

システムの共通・汎用化が進むにつれ、各グループ間での囲い込み競争はさらに激化をする。利用者側は便利・お得感をこれまで以上に得られるだろうが、同時に個人情報の取り扱いの上で不安度が増すのも否定できない。生活密着度を高めつつあるコンビニにおいて、他社がどのような動きを示すのかもあわせ、今後も関連業界への動向に注目したいところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー