黒光りするあの中華まんが復活「復刻イカスミまん」井村屋から発売

2013/09/20 15:30

復刻イカスミまん井村屋は2013年9月20日、同社が1994年から展開した「イカスミまん」の復刻版「復刻イカスミまん」を同年9月30日から発売すると発表した。価格110円(税込)。内容量85グラム。熱量210Kcal(【『復刻イカスミまん』 発売のご案内】)。


↑ 復刻イカスミまん

今回登場するのは1994年から発売されていた(現在では販売終了)、イカスミパウダーを使用した「イカスミまん」の復刻版。発売当時はオーソドックスなタイプの中華まんが多数を占める中で、真っ黒なビジュアルのインパクトに、大きな反響を呼んだ。【井村屋の会社沿革にも「平成6年 イカスミまん発売」】との記述があり、さらに商品写真まで掲載されていることから、反響の大きさは確かなものだったようだ。


↑ 会社沿革にも「イカスミまん」(当時)の写真掲載が確認できる

今回登場する復刻版では、生地にはオリジナルと同じイカスミパウダーを使用することで、見た目の印象深さをそのまま再現。さらに具材には生地の黒とのコントラストをはっきりさせるため、旨味の強いイタリア産のトマトペーストを使用。チーズにはトマトソースとの相性が良いパルメザンチーズを使い、その上、イカスミとのマッチングが期待できる魚介の旨味として「あさりパウダー」を加えている。

同社では今回の「復刻イカスミまん」について、昨今では大手菓子メーカーなどから復刻商品が展開されているが、発売当時の世代だけでなく、若年層にも受け入れられる傾向があるとし、今回バラエティ商品の一つとして「イカスミまん」を展開することになったと解説している。

このタイプの商品は、他の一般販売されている中華まんと並べてケースに収められることで、あるいは複数個が一度にずらりと並ぶことで、さらに大きなインパクトをもたらすことになる。発売日以降、店舗の専用ケースで黒さが光る違和感を放つ中華まんの存在に、目が留まることは必至だろう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー