刺激的なブラックペッパーがポイント・マクドナルドから「マックペッパービーフ」「マックペッパーチキン」期間限定で発売

2013/09/25 16:35

マックペッパービーフ日本マクドナルドは2013年9月25日、ブラックペッパー(黒こしょう)を用いた大人のバーガーこと「マックペッパー」2種品目「マックペッパービーフ」「マックペッパーチキン」を、同年9月27日から10月下旬までの期間限定で発売すると発表した。価格は「ビーフ」が単品340-400円、「チキン」が330-390円。それぞれバリューセットでの発売あり。朝マック時間帯「以外」での発売(【日本マクドナルド:発表リリース一覧ページ】)。


↑ マックペッパービーフ(左)とマックペッパーチキン(右)

今回発売される新メニュー「マックペッパー」は、ビーフ(牛肉)・チキン(鶏肉)それぞれの素材と、香り豊かなブラックペッパーとの相性を追求した商品。いずれもブラックペッパーの刺激と香りがインパクトとなり、メインの素材との絡みで大人の味わいを演出する。


「大人のバーガー」を演出するCM動画(公式)。【直接リンクはこちら:マックペッパー 「クールな大人」篇】

マックペッパービーフ
マックペッパービーフブラックペッパーの豊かな香りが広がる「大人のバーガー」。100%ビーフパティと、カリカリ感のあるポテトパティ、さらにレタスとチーズを、香ばしさが自慢のゴマつきバンズではさみ、3種類の大きさに砕いたブラックペッパーを配合したブラックペッパーソースと、粒マスタードソースで味付けしている。辛味・香り・刺激を最大限に引き出されたブラックペッパーと、ビーフやポテトの相性を堪能できる一品。

マックペッパーチキン
マックペッパーチキンブラックペッパーの刺激がポイントの「大人のバーガー」。肉汁感にあふれたモモ肉を使用した、ピリリとしびれるブラックペッパーチキンパティを、レタス、マヨネーズソースとあわせて、香ばしいゴマつきバンズではさんでいる。チキンパティにはブラックペッパーだけでなく、クミン、コリアンダー、オニオン、ガーリックなど、10種類以上のスパイスを使用しており、下味にも、衣にもしっかりと味をつけている。ブラックペッパーとスパイスの奥深い辛さがクセになる一品。

単純な厚みによるボリューム感は「ビーフ」の方がありそうだが、これはポテトパティ(ハッシュポテト)がパティに加わっているため。ポテトとブラックペッパーの相性はすこぶる良さそうなだけに、ビーフパティとはまた別の旨味を口の中で広げてくれそうだ。

一方「チキン」の方はブラックペッパーだけでなく多種多様なスパイスが用いられており、チキンパティの奥深い味わいを心行くまで楽しめそう。

スパイス感が強めなことから、刺激的な味わいを求める大人向けとの意味合いで「大人のバーガー」と名付けられた今回の新商品。マスタードやわさびとはまた異なる、魅惑にあふれる味わいを楽しみたいものだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー