栗とミルクで大人の味わい・和風乳飲料「森永栗ミルク」期間限定発売

2014/01/08 11:50

森永栗ミルク森永乳業は2014年1月7日、栗とミルクを組み合わせた乳飲料「森永栗ミルク」を同年1月14日から3月までの期間限定で発売すると発表した。価格は130円(税別)。内容量500ミリリットル。熱量133Kcal(200ミリリットルあたり)。沖縄以外での発売(【発表リリース:「森永栗ミルク」1月14日(火)より新発売】)。

↑ 森永栗ミルク
↑ 森永栗ミルク

今回発売される「森永栗ミルク」は、昨今注目を集めつつある和素材、そして森永乳業の得意とする分野であるミルクを組み合わせた「和風乳飲料」のメイン購入層である40代から50代の男性に向けて、飲んでみたい味わいを調査したところ、栗関連のリクエストが多かったことから開発された商品。

主材料となるミルクには生クリームも加えられており、さらなるコクの深さを実現。栗の香ばしさとのバランスを楽しむことができる。また栗特有の甘さがゆったりとした味わいを演出する。

パッケージは栗をイメージさせる、そして穏やかさの象徴でもある茶系統の色合いを中心にカラーリング。商品名の周囲を筆でなぞるように、栗の造形を模すように囲み、その周囲に実際の栗の粒を多数配することで、栗の味わいをアピール。さらに下部にはお茶を立てるような容器に収められた商品そのものを写し、落ち着いた和の情景をかもしている。

栗やさつまいもなどが持つ独特の甘さは、砂糖などによるものと異なり、何となく心を和ませるものがある。生クリームでさらにコクを増したミルクとの合わせ技で、さらなる濃厚で素朴な甘みを堪能できることだろう。


■関連記事:
【ニャンコ先生の栗入りあんまん登場…ファミリーマートの「夏目友人帳」企画第2弾】
【ミルクとサイダーの調和とな? 「三ツ矢ミルクサイダー」11月5日発売】
【貴婦人のような高級感のミルクティー・チルドカップで「キリン 午後の紅茶 ザ・リッチ」登場】
【ミルク仕上げのホットカルピス、ペットボトルタイプで登場】
【携帯型ルックから「栗」をテーマにしたチョコ登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー