ワンランク上のキャラメルコーン、「スーパーキャラメルコーン・コーンポタージュ味」発売

2014/01/09 09:30

スーパーキャラメルコーン・コーンポタージュ味東ハトは2014年1月8日、素材に従来品より甘みの強いとうもろこしを用いた「スーパーキャラメルコーン・コーンポタージュ味」を、同年1月27日からコンビニ先行で発売すると発表した。価格はオープン価格(想定販売価格140円前後)。一般販売は2月10日から。内容量70グラム。熱量386.0Kcal(1袋当たり)(【発表リリース:「スーパーキャラメルコーン・コーンポタージュ味」新発売】)。

↑ スーパーキャラメルコーン・コーンポタージュ味
↑ スーパーキャラメルコーン・コーンポタージュ味

今回登場する「スーパーキャラメルコーン・コーンポタージュ味」は、一般的なとうもろこしと比べて甘みが強いと言われる「スーパースイートコーン」を使用した、ちょっぴりぜい沢なキャラメルコーン。素材のおいしさを活かすため、「スーパースイートコーン」を生地と蜜(みつ)に練り込み、さらに表面にも振り掛けるという三段構えで、とうもろこし本来の美味しさを引き出している。味はバターのコクを加え、コーンのやさしい甘みが引き立つ「コーンポタージュ」の味わいを再現している。

パッケージは原材料のとうもろこしが通常とは異なる品質のものを使っていることを強調するため、とうもろこしそのものを体現するようなデザインを採用。さらに商品名のうち「スーパー」の部分を大きく描くと共に、上部にもわざわざアイコン化する形で「スーパースイートコーン使用」と書き連ね、アクセントを添えている。

元々「キャラメルコーン」のコーン部分は、ふんわりとしてサクサクとした歯ごたえ、そして口の中でするりと溶けていく食感がポイント。確かな、そして軽い歯ごたえと共に口の中で溶け行く際の独特の甘みが、他のコーンスナックには無い特徴でもある。その甘味が原材料レベルでさらにアップグレードされ、製法の上でも引き立てられていくとなると、どのような旨味となるのだろうか。

キャラメルコーンシリーズ愛食家はもちろんだが、コーンスナック系のお菓子が好きな人の多くが気になる一品に違いない。


■関連記事:
【北海道産の食材を盛りだくさんに使ったミルキーとカントリーマアム、期間限定で登場】
【マクドナルド、ハッピーセットのサイドメニュー選択肢として「スイートコーン」を発売】
【ツブの食感がたまらない・店舗限定コアラのマーチ焼に十勝粒コーンクリーム冬季限定登場】
【壮齢層がターゲット・ファミマから「おとなのスープ」4種類登場】
【夏は特別な「ばかうけ」を! 「ばかうけ」夏限定商品3種が6月23日から発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー