フライパン一つで炒めて煮込んで簡単調理なカレーうどん、日清から発売

2014/01/21 09:30

日清 フライパンで炒めて煮込む カレーうどん2人前日清食品チルドは2014年1月20日、短時間で簡単に調理できるのがポイントの「日清 フライパンで炒めて煮込む カレーうどん2人前」を、同年2月3日から全国(北海道除く)で発売すると発表した。価格は210円(税別)。2食分入り。内容量404グラム(麺360グラム)。賞味期限は要冷蔵で15日間(【発表リリース:チルド麺「日清 フライパンで炒めて煮込む カレーうどん 2人前」】)。

↑ パッケージ(左)と調理完成予想図(右)
↑ パッケージ(左)と調理完成予想図(右)

カレーうどんはうどん系料理の中でも人気があり、食堂などでは定番のメニューの一つとして数えられるが、「調理方法が面倒くさい」「作り方がよく分からない」など、家庭での調理が敬遠されがちな傾向がある。今回登場する商品は、その調理ハードルを低くし、手軽にカレーうどんを食すことができるようにするための提案型商品。

今商品ではフライパン一つで「カレーうどん」が気軽に調理できるのがポイント。あらかじめ具材となる肉や野菜などをフライパンで炒め、その上に必要量の水、商品内のスープを入れ、さらに麺を加えて煮込むだけで、カレーうどんが完成する。

↑ 「日清 フライパンで炒めて煮込む カレーうどん2人前」の調理方法
↑ 「日清 フライパンで炒めて煮込む カレーうどん2人前」の調理方法

麺にはフライパン調理に適した、ほぐれのよい麺を使用。そしてスープはポークとかつおだしをベースに、スパイスを利かせたカレースープに仕上げている。調理方法がシンプルなことから、食べたい時にさっとカレーうどんを楽しむことができる。

参考写真ではごく一般的な野菜炒めを具材として用いているが、カレーそのもの風味を損なうものでなければ、自分の好きなスタイルでの炒め物を使うことが出来る。まずはシンプルなタイプのカレーうどんを作り、スープのとろみや辛味、麺とスープの絡み合いや麺そのものの歯ごたえを確かめた上で、自分好みの、スープや麺によりよくマッチする具材を選んで加えることで、味の冥利を楽しめそう。

まだまだ厳しい寒さが続くこの時期、身体の神髄から温まるカレーうどんを、ビタミンたっぷりの野菜と共にいただくのも良さそうだ。


■関連記事:
【すこぶる辛さがクセになる「すこびる辛麺 激辛口カレーうどん」発売】
【カレーを使った料理、一番人気はカレーうどん】
【マルちゃん正麺にうどんとカレーうどんが参入】
【締めのカレーうどんまで再現した「日清のどん兵衛 芋煮うどん カレーペースト付」東北地方限定で発売】
【カレーうどん名店「古奈屋」の味を再現・「冷凍 日清古奈屋 カレーうどん」9月発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー