ファミマ×グリコ×チロルの3社コラボ実現・ビスコなチロルとチロルなビスコ、ファミマで限定発売

2014/01/21 15:15

「ビスコミニパック<チロルチョコミルク味>」と「チロルチョコ<ビスコ>」「同<ビスコいちごミルク>」ファミリーマートは2014年1月21日、江崎グリコのクリームサンドビスケット「ビスコ」と、チロルチョコのミニサイズなチョコ「チロルチョコ」との共同開発企画商品となる「ビスコミニパック<チロルチョコミルク味>」と「チロルチョコ<ビスコ>」「同<ビスコいちごミルク>」の3品目を、同年1月28日から全国のファミリーマート店舗で数量限定(2月中旬頃までの販売予定)にて発売すると発表した。「ビスコミニパック」は5枚入り40円、「チロルチョコ」は1個32円(【発表リリース:さくても最強タッグ! ビスコとチロルチョコのおいしい組み合わせ 『ビスコミニパック<チロルチョコミルク味>』 『チロルチョコ<ビスコ><ビスコいちごミルク>』 1月28日から全国のファミリーマートで数量限定販売】)。

↑ ビスコミニパック<チロルチョコミルク味>(上)とチロルチョコ<ビスコ>、同<ビスコいちごミルク>(下)
↑ ビスコミニパック<チロルチョコミルク味>(上)とチロルチョコ<ビスコ>、同<ビスコいちごミルク>(下)

今回登場するのは、江崎グリコとチロルチョコのコラボ商品をファミリーマート限定で発売するという、余り類を見ないスタイルの3社共同による商品展開。説明によるとファミリーマートにおいて、2月のバレンタインの時期に向け、斬新な商品の模索をしている中で、「小さなかわいいお菓子」という共通点を持つ人気ブランドの「ビスコ」「チロルチョコ」の組み合わせが想起され、今コラボ商品の企画開発発売に至ることになったという。

「ビスコミニパック<チロルチョコミルク味>」は、「ビスコ」81年の歴史の中では初めてコラボ展開される商品。これは「チロルチョコ<ミルク>」の味をイメージし、ココアビスケットで生クリーム入りのクリームを挟みこんだ一品。一方、「チロルチョコ<ビスコ>」「同<ビスコいちごミルク>」は、ビスコとビスコ<いちごミルク>の味をイメージし、ビスケットとチョコを組み合わせサクサクとした食感に仕上げている。つまり「ビスコ」と「チロルチョコ」それぞれで、お互い相手企業のブランド商品の代表的な味わいを、自社ブランドで再現するという、クロスオーバー的な商品開発が成されたことになる。

パッケージも「ビスコミニパック<チロルチョコミルク味>」はモチーフのチロルチョコ・ミルクを彷彿させるような牛の模様とアルファベットの「ミルク」の文字を描き、「チロルチョコ<ビスコ>」「同<ビスコいちごミルク>」もそれぞれモチーフのビスコ・同いちごみるくを思い起こさせるようなデザインが施されている。特にチロルチョコはサイズや造形からチロルチョコであることは分かるものの、チロルチョコそのものの名前が表面に書かれていないため、見た者に一瞬「え!?」という違和感を覚えさせることになる。

ビスコ好き、チロルチョコ好き双方にとってはもちろん、ビスケット系のお菓子が好きな人なら一度はチェックしてみたくなる、まさに夢のような組み合わせ。店舗に並ぶ様子を早く見たいものだ。


■関連記事:
【生誕80周年でスペシャルなビスコ、期間限定で登場】
【「80周年スペシャルビスコ」が「スマイルビスコ」で限定発売】
【ビスコ保存缶/プチバラエティービスケット保存缶】
【ビスコのあの子もサンタになった…クリスマス仕様ビスコ発売へ】
【オリジナルパッケージの「ビスコ」が作れる「スマイルビスコ」、3月1日にオープン】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー