チョコアイスにチョコっと言葉を添えて…ピノやチェリオなどで「チョ言葉」付き新味、期間限定発売

2014/01/22 16:55

ピノ アーモンドチョコ&ミルクチョコ森永乳業は2014年1月22日、同社のアイスクリームシリーズ「ピノ」の新商品として「ピノ アーモンドチョコ&ミルクチョコ」を同年1月27日から発売すると発表した。また同日からアイスバーシリーズの「チェリオ」の新商品として「チェリオ チョコ&ホワイトチョコ」を、2月3日からは「MOW(モウ)」シリーズの新商品として「MOW(モウ) チョコ&ホワイトチョコ味」を発売する。価格はいずれも120円(税別)。3月頃までの期間限定発売。いずれもちょっとしたメッセージ「チョ言葉」がデザインされているのが特徴(【発表リリース:「“チョ言葉”をそえてチョコアイスを贈ろう!」1月27日(月)週より、企画実施のお知らせ】)。

↑ ピノ アーモンドチョコ&ミルクチョコ(上)と、チェリオ チョコ&ホワイトチョコ(左下)、MOW(モウ) チョコ&ホワイトチョコ味(右下)
↑ ピノ アーモンドチョコ&ミルクチョコ(上)と、チェリオ チョコ&ホワイトチョコ(左下)、MOW(モウ) チョコ&ホワイトチョコ味(右下)

今回登場する新商品群は、バレンタインデー・ホワイトデーでチョコレート系のスイーツがギフトとして用いられるのを機会とし、森永乳業のアイスブランド各シリーズからチョコ系の新商品を展開、さらにパッケージ上に「ありがとう!」「おつかれさま」などのちょっとしたコミュニケーションで使われる言葉を記した「チョ言葉」をデザインし、ギフトとしての利用を提案するというもの。さらに一部のスーパーマーケット店頭で、対象商品を2個購入することで「チョ言葉」を自ら書いて貼れる「チョ言葉付せん」のプレゼント企画も実施する。

↑ 「チョ言葉付せん」など
↑ 「チョ言葉付せん」など

「ピノ アーモンドチョコ&ミルクチョコ」はマイルドなミルクチョコアイスをアーモンドチョコでコーティングした一品。ミルクチョコアイスにはベルギー製のチョコレートを使用しており、マイルドな甘さとカカオの風味が楽しめる。一方、アーモンドチョコにはアーモンドペーストを練りこんでおり、やさしい口どけで口に広がるアーモンドの香りを堪能できる。

「チェリオ チョコ&ホワイトチョコ」はホワイトチョコアイスの中にホワイトチョコを入れ、ココアクッキー入りでサクサク食感のセミスイートチョ
コでコーティングした一品。「MOW(モウ) チョコ&ホワイトチョコ味」はチョコアイスとホワイトチョコ味のアイスを混ぜ合わせているが、チョコアイスには森永の純ココアを、ホワイトチョコ味のアイスには北海道産クリームを使用している。

各商品に配される「チョ言葉」は、「ありがとう!」「ファイト!」「おつかれさま」「Good Job!」「がんばって!」の5種類。1つの商品に書かれている言葉は一種類のみだが、商品表面に書かれているため、購入時にメッセージを選択可能。

↑ 「チョ言葉」全5種類
↑ 「チョ言葉」全5種類

外食産業や菓子メーカーで、バレンタインデー・ホワイトデーに向けて、チョコレート系の企画商品が続々登場する時期。チョコレート好きには便乗する形で、多種多様な味わいを楽しめる素敵な期間でもある(男性にはやや買いにくい時期でもあるが)。今件商品は女性から男性への想いを込めたギフトというよりは、軽いコミュニケーションツールとしての役割が強い感はある。「チョ言葉」のレパートリーを見ても、リリース上の表現「円滑なコミュニケーションを支援するプロモーション」の意味するところは理解できる。

ピノやチェリオを日頃から愛食している人は、新味の登場でハッピーになれるお話。当然、提案されている手法、お気軽なコミュニケーションツールとしてのチョコレート系アイスの活用も、なかなか粋なものといえよう。


■関連記事:
【あらカワイイ、キティとゴディバのバレンタイン】
【カワイくステキなチョコ風味トリュフドーナツ・今年のミスドのバレンタインはトリュフドーナツとポン・デ・マシュマロ】
【アレっぽいけど包みは生チョコ、そして中味もチョコアイス・セブンのリッチなチョコアイス「金のアイス 濃厚生チョコ<期間限定チョコ>」発売開始】
【アレっぽいネ・セブンの濃厚生チョコアイス「セブンゴールド 金のアイス 濃厚生チョコ バニラ」発売】
【「明治チョコアイスシリーズ」から上級の味わい「明治チョコレートアイスクリームバー 濃厚プレミアムチョコレート」登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー