リンゴのサクサク感が画期的・バーガーキングで「BK リンゴ」「ニューヨーク ワッパー」期間限定発売

2014/01/24 07:00

ニューヨーク ワッパーバーガーキング・ジャパンは2014年1月23日、リンゴの旬となる冬季限定で、直火で焼き上げたリンゴをはさんだ新商品2品目「BK RiNGO(BK リンゴ)」「NY WHOPPER(ニューヨーク ワッパー)」を、同年1月28日から同社各店舗で発売すると発表した。価格はそれぞれ320円・530円(いずれも税込)。「BK リンゴ」は販売店舗限定、かつ2月9日まではトライアル価格として230円での提供となる(【発表リリース:直火で焼き上げたリンゴをサンドした「BK RiNGO」など期間限定発売】)。

↑ BK リンゴ(左)とニューヨーク ワッパー(右)
↑ BK リンゴ(左)とニューヨーク ワッパー(右)

「BK リンゴ」は同社で2012年3月にバーガーキング・ジャパンオリジナルの商品として期間限定で発売され、リンゴを使用した健康的な印象とジュニアサイズのお手軽な大きさから、女性の利用客を中心に大いに好評を博し、同年12月から再度販売される経歴を持つ。今回展開されるのは、その商品のバージョンアップ版。

具体的には今回の「BK リンゴ」では前回よりさらに厚く、約8ミリの輪切りにしたふじリンゴを使用し、前回より直火で焼き上げる時間を短くすることで、新鮮味のあるリンゴのサクサクな食感を残しているのが特徴。そこに直火焼きの肉汁感あふれるビーフパティをあわせ、その上、新たに開発したオリジナルの「BK オランデーズソース」をたっぷりとかけている。仕上げにはマヨネーズ、そしてリンゴの味わいが深まるシナモンパウダーをあわせ、直径約9センチのジュニアサイズのバンズで挟みこんだ、お手軽にリンゴの旨味を味わえる一品に仕上げられている。

同時発売の「ニューヨーク ワッパー」は、アメリカの最大の都市ニューヨークの別名「ビッグ・アップル」を名前の由来とした商品。直火で焼き上げた4オンス(約113グラム)のビーフパティと、同じく直火で焼き上げた厚さ約8ミリの輪切りのふじリンゴ2枚をあわせ、レモンの酸味とバターの風味が特徴の「BK オランデーズソース」をたっぷりとかけている。そこに、新鮮味のあるレタス、そして味のアクセントとなるベーコンを一緒に直径約13センチのバンズにはさんだ、本場アメリカのハンバーガーのボリュームでリンゴの美味しさを味わえる一品。

「ニューヨーク ワッパー」発売記念リンゴ配布また「ニューヨーク ワッパー」の発売を記念し、発売日より限定4店舗(秋葉原昭和通り店、渋谷センター街店、新宿靖国通り店、なんばセンター街店)にて「ニューヨーク ワッパー」を購入した人へ、各店舗先着50名に、商品にも使っているふじリンゴそのものを1個プレゼントするキャンペーンも実施する。

リンゴは加熱すると適度の甘みを有するようになるが、その甘味とリンゴ特有のシャキシャキ感が、ハンバーガーにどのような食感を加えるのか。リンゴ、ハンバーガーそれぞれはお馴染みの食品ではあるが、二つが合わさった際の味わいは想像がつきにくい。恐らくは新たな味覚を覚えさせてくれるのだろう。


■関連記事:
【いとデカし・大きさ21センチの巨大ターキー、バーガーキング限定発売】
【オーダータイムは30分!! バーガーキングが食べ放題「BiKing 2013」開催】
【はみ出るベーコン「ビッグベーコンワッパー」バーガーキングから期間限定登場】
【バーガーキングから黒いハンバーガー登場】
【バーガーキングが贈る年末のご褒美は超厚100%ビーフパティ、ワッパーの4割増しの重量な超贅沢バーガ】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー