「すき家の牛丼、むっちゃ好きやねん!」な人は大喜び・2月23日まで牛丼51円オフセール

2009/02/18 08:05

すき家牛丼イメージ[ゼンショー(7550)]が展開する牛丼チェーン店すき家は2009年2月13日、2月23日午前9時までの期間限定で、牛丼類全品を51円引きにする「すき家丑年牛丼祭り」を展開すると発表した(【発表ページ】)。

すき家丑年牛丼祭り
すき家丑年牛丼祭り

携帯性にやや欠けるところがあり、ハンバーガーと比べてイマイチマイナーな部分もあるが、牛丼も日本を代表する国民食の一つであり、同時に生活を支えるありがたいレパートリーであることに違いはない。その一方、牛丼はハンバーガー以上に価格よりも「企業毎の味付けなどの個性で好き嫌いが分かれる」アイテムでもある。A社の牛丼が好き、B社は安いけどC社の方が味付けが自分にあっているなど、牛丼へのこだわりを見せる人は少なくない。

今回割引きキャンペーンを行うすき家も、そんな「牛丼論議」「牛丼ファン」の愛する牛丼のひとつ。【「すき家」が「吉野家」を逆転へ・9月末の牛丼店舗数】にもあるように、知名度ではナンバーワンの吉野家とつばぜり合いを行っている最中だ。

具体的なキャンペーン内容は「牛丼類が全品51円引き」というもの。写真にもあるように並盛りが税込みで299円で食べられる計算。また、この期間中は豚丼やまぐろ類など一部の商品販売が取りやめになるので注意が必要。キャンペーン期間中はおとなしく牛丼をむさぼり食べよう。

今回このような割引きキャンペーンが行われるのは、「今年が丑年(うしどし)だから」ということのようだが、むしろそれよりは停滞している景気に喝をいれると共に、生活のサポートをしようという気概の方が大きいように思われる。すき家の牛丼が好みな人なら、喜んで足しげく通うのも良いだろう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー