ひとふりでピリリと辛い? 風味や香りを楽しめる山椒ふりかけ、永谷園から登場

2014/01/29 09:30

山椒ふりかけ永谷園は2014年1月28日、調味料をふりかけにアレンジした「調味料ふりかけ」シリーズの最新作として、「山椒ふりかけ」を同年2月17日から発売すると発表した。価格は122円(税抜)。内容量30グラム。賞味期間は12か月(【発表リリース:山椒ならではの風味と香りが楽しめるふりかけ「山椒ふりかけ」を発売】)。

↑ 山椒ふりかけ
↑ 山椒ふりかけ

永谷園では調味料をベースとしたふりかけ「調味料ふりかけ」を2013年から展開し、ごはんにふりかけて使う以外にさまざまな料理の薬味としても使えるとして好評を博している。現時点では七味唐辛子をベースにした「七味ふりかけ(かつお七味)(鮭七味)(鶏七味)」、ゆず胡椒ベースの「ゆず胡椒ふりかけ」が発売中。今回登場する「山椒ふりかけ」は、そのシリーズの第5弾商品となる。

今商品は香味料や調味料として古くから親しまれてきた「山椒」をふりかけにアレンジしたもの。甘辛いしょう油味をベースに、山椒の風味と香りを表現している。中には山椒以外に花椒、黒胡麻、海苔が入っており、ふりかけ感を演出する。山椒独特の風味や味わいを好む大人だけでなく、山椒の風味を手軽に味わいたい、試してみたい人にも興味をそそられる一品として仕上がっている。

また「調味料ふりかけ」の他のシリーズ同様、ごはんにかける以外に、麺類や冷奴などの薬味としても使えるのがポイント。特に山椒は独特な、落ち着いた風味を与えるため、これまでの料理にひと味違ったアクセントを加えたい時には、うってつけの一品となる。

七味やゆず胡椒の調味料ふりかけとあわせ、今件「山椒ふりかけ」を備えることで、食卓の彩り、レパートリーは一層豊かなものとなるだろう。特に山椒の風味を好む人には、飛びつきたくなるような一品かもしれない。


■関連記事:
【「超」がつくほどサクサク感な味わいのふりかけ「超ふりかけ 焼鮭」など永谷園から登場】
【果物の「ぶどう」では無くて…ぶどう山椒で仕上げた「亀田の柿の種」、期間限定発売】
【夏のチキンは胡麻と山椒の辛みがポイント・ケンタから「胡麻と山椒のぶっかけチキン」「同サンド」発売】
【日本三大七味「やげん堀」を使ったポテトチップス「プレミアム七色唐がらし味」登場】
【松屋のコンボ第二弾・豚角煮と牛めしが一体化した「豚角煮コンボ牛めし」発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー