ありゃ残念、絵本「ロビのおるすばん」発売中止

2014/02/01 09:00

ロビのおるすばんデアゴスティーニ・ジャパンは2014年1月31日、同社の週刊行マガジンシリーズ「週刊『ロビ』(再刊行版)」の発売に合わせて発売する予定だった絵本「ロビのおるすばん」について、発売を中止(延期では無く)すると発表した。理由については「諸般の事情により」とのみ説明されている(【公式ページ:ロビ 再刊行版】)。

↑ 「ロビのおるすばん」絵本イメージ
↑ 「ロビのおるすばん」絵本イメージ

「ロビ」とは2014年2月25日から再刊行版の展開が行われる、全70号で展開されるマガジンに同梱されている部品を組み立てて完成するロボット。より自然な会話を目指して作られており、多種多様なリアクションが楽しめる。再刊行版の展開に合わせ、「ロビ」のイラスト化が行われたり、三井住友カードとのコラボによる「Robi VISAカード」が発行されるなど、多様な方面での展開も予定されている。

今回発売中止となった絵本「ロビのおるすばん」も、その多方面展開の一環として先日発表されたもの。内容の詳細は不明だが、再刊行版の創刊号発売と同日の2月25日に発売が予定されていた。イメージイラストとしては上記にある通り、ソファーに座るロビと、窓越しに映る怪しげな人物が描かれており、ちょっとしたロビの活躍が期待できる内容が予見されていた。

発売中止の理由についてデアゴスティーニ・ジャパン側では「諸般の事情により」としか説明していない。またイラスト担当と思われる先生のウェブサイトやソーシャルメディアなどにも関連情報は確認できない。残念な話ではあるが、その分メインとなる「週刊『ロビ』(再刊行版)」に期待を寄せたいところだ。


■関連記事:
【人気に応えて再刊行・デアゴスティーニのロボットキット「ロビ」、再刊行版創刊へ】
【70号でロボット完成…デアゴスティーニから週刊「ロビ」登場】
【お好み焼きを上手に作る日本製ロボットを見た海外の反応】
【ついにミリオン・お掃除ロボット「ルンバ」国内出荷100万台突破】
【タイのバンコクにロボットウエイターが活躍する日本料理店が登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー