いちごとれん乳、永遠の組合せをモナカに収めた「森永 れん乳いちごモナカ」期間限定発売

2014/02/01 14:00

森永 れん乳いちごモナカ森永乳業は2014年1月31日、加糖れん乳の独特な甘みとコクのある味わいを楽しめるアイスクリーム「森永 れん乳アイス」シリーズの最新作として、「森永 れん乳いちごモナカ」を同年2月10日から4月末までの期間限定で発売すると発表した。価格は130円(税別)。内容量115ミリリットル。熱量205Kcal(【発表リリース:“れん乳”と冬の味覚“いちご”との永遠の組合せ「森永 れん乳いちごモナカ」2月10日(月)より、期間限定発売のお知らせ】)。

↑ 森永 れん乳いちごモナカ
↑ 森永 れん乳いちごモナカ

「森永 れん乳アイスシリーズ」は発売から90年以上の歴史を有する、加糖れん乳「森永ミルク」を用いた、れん乳のコク・甘さが楽しめるアイスの商品群。現在このシリーズは「いちごバー」「アイスバー」「氷バー」「氷バー いちご」「氷バー あずき」のバータイプ5品目が展開中。

今回発売される「森永 れん乳いちごモナカ」は、旬のフルーツとして各食品ブースなどで目に留める機会が多いいちごにスポットライトを当て、そのいちごと非常に相性が良いれん乳との相乗効果による味わいの素晴らしさを堪能できる一品。

同商品では甘酸っぱさをしっかりと感じ取れるいちご果汁を使用。いちごピューレ(果物などをすりつぶして裏ごしをし、とろみのある柔らかな半液体状にしたもの)入りいちごアイスの中央部分に、口どけの良いれん乳ソースを入れ、モナカではさんだアイス。れん乳の甘さと濃厚なコク、甘くて酸っぱいいちご独特の風味のハーモニーが気軽に楽しめる。

パッケージにはいちごを容易にイメージできるように赤系統を基調として背景にはピンクを配し、右側には多数のいちごと商品断面図を描き、さらに中央には「永遠の組合せ」のキャッチコピーと共に、とろりんとしたれん乳がどっぷりと浸けられたいちごを映し出し、味わいを一目で分かるようにしている。また加糖れん乳「森永ミルク」では馴染み深く、「森永 れん乳アイスシリーズ」でも顔を見せている、言葉の末尾に「もぅ。」をつけるのが特徴の、牛のマーク「ミルリン」をあしらい、アクセントと成している。

「永遠の組合せ」というコピーがあながちオーバーでも無い、と実感できるほどの旨味が口の中に広がる、いちごとれん乳のマッチング。それがモナカアイスで楽しめるとなれば、注目しないわけにはいかない。本物のいちご+れん乳のように、美味しさのあまりについ食べ過ぎてしまうことのないよう、注意したいところだ。


■関連記事:
【ステキな組み合わせ★ 森永乳業と森永製菓がコラボして生まれたココアなプリン、期間限定発売】
【「当社もスライスチーズ1枚減らします」森永乳業のチーズ、価格はそのままで内容量削減へ】
【ミルキーをイメージしたバウムクーヘン、不二家から登場】
【北海道産の食材を盛りだくさんに使ったミルキーとカントリーマアム、期間限定で登場】
【森永のミルクキャラメルがピノに・森永乳業、森永製菓とのコラボ商品を展開】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー