「状況を重大に受け止め、体制の見直しを進めております」DQMスーパーライトで謝罪発表

2014/02/07 04:35

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライトスクウェア・エニックスは2014年2月6日、同社運営のスマートフォン用ソーシャルゲーム「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」に関し、プロデューサーの柴貴正氏の名前で「まほうの地図ふくびき」に絡んだ対応の件で改めて謝罪をすると共に、「まほうの地図ふくびき」に関する仕様を変更することをはじめ、今後の運営・開発方針の説明を行った。返還ジェム・サポートポイントは同年2月7日午前6時頃から順次送付されるとのこと(【発表リリース:【重要】プロデューサーレター】)。

「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」とは「ドラゴンクエスト」シリーズに登場するモンスター達を仲間にし、そのモンスターを育成・配合しながらさらに強力なモンスターを生み出していく、家庭用ゲーム機向けソフト「ドラゴンクエストモンスターズ」シリーズのスマートフォン・タブレット用アプリ。iOS6.0以降/Android OS4.0以降対応で、基本プレイは無料だがアイテム課金制を採用している。すでに200万ダウンロードを記録しており好評を博している一方、先日伝えた通り「まほうの地図ふくびき」に関連した問題で物議をかもしていた。

「まほうの地図ふくびき」をはじめとした諸問題に関してスクウェア・エニックスでは2月6日の午後10時16分付でプロデューサーの柴貴正氏による署名で、「プロデューサーレター」との題名による見解と対処内容などを発表。それによると今作品は「適切なゲーム難易度も含めたゲーム性を楽しめることを目標に設計」「たとえ有償ジェムを購入しなくても十分に楽しめるよう、ゲームバランスを調整」していたものの、現在複数の問題によりこれらの考え通りのサービスが提供されているとは言い難い状況であることを自認しているとのこと。

具体的な問題点として「まほうの地図ふくびき」に関して多くの意見を受けているが満足してもらえる対応に至っていないことをはじめ、コンセプトの意図が伝わりにくい、特別クエストの延期などで施策が遅れているため有償ジェム以外でパーティーを強化できる手段が少なくなっている、転送先のモンスターが用意されていない場合が存在するなどを挙げている。

●「まほうの地図ふくびき」
・提供割合と内容の見直し(金)
・提供割合の明記化(金)
・メニュー名称、デザイン変更
これらの事態を受け、今リリースでは「まほうの地図ふくびき」に関し、先日お伝えした通りサービスの一時停止と既存利用者へのジェムやサポートポイントの返還と合わせ、サービス内容の向上のため「金の地図ふくびき」における提供割合・内容の見直しと提供割合の明記化「まほうの地図ふくびき」における各メニューの名称・デザインの変更を実施すると発表している。

また今後の方針に関して運営体制、開発体制、デバッグ体制の見直しを進めると共に、コンセプトに沿う形でのゲーム運営を行うべく、不十分な部分の修正とサービスやコンテンツの追加を目指し、「有償ジェムを利用しなくても楽しめるコンテンツを拡充する」と言及している。

今タイトルはプレイ料金は原則無料で、アイテム課金制を採用しているため、完全に無料にしてしまうと(プロモーション目的など包括的な観点で意味があれば話は別だが)ビジネスそのものが成り立たなくなり、運営自身が立ち行かなくなる。一方でゲームのコンセプトに基づいた配慮に欠けたりバランス調整に難があると、今件のような多種多様な問題が発生しかねない。今タイトルは著名シリーズに組しており、プレイヤー数も多く、家庭用ゲーム機からの利用者も多数に及ぶことから、(いわゆる「ガチャ」周りに関しては特に)十分以上の慎重さが求められている。

今回の発表内容に基づき、「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」の改善施策が果たされ、より楽しく、より長きに渡ってプレイし続ける価値を見いだせる作品に進化するよう、願いたいものだ。


■関連記事:
【有料アイテム返還へ・「DQMスーパーライト」の「まほうの地図ふくびき」、一時停止・仕様変更実施発表】
【これはオドロキ・スマホ版「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」4日で100万ダウンロード達成】
【『ドラクエVIII』のスマホ展開決定、初代から『VIII』までを今冬以降続々展開へ】
【スマホ用「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」がもう200万ダウンロードを突破した件について】
【グリーやDeNAなど業界6社、「コンプガチャ」規制などのガイドラインを策定】


(c)2014 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(c)SUGIYAMA KOBO


スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー