最大15%引き・カウネット、消費税率引上げ直前の消耗品やオフィス家具の期間限定値下げ断行

2014/02/18 07:00

期間限定値下げ告知コクヨは2014年2月17日、同社が運営するオフィス用品通販サイト【カウネット】において、コピー用紙やオフィス家具などの備品約3000品目について、同日から同年3月31日までの期間限定で値下げを行うと発表した。消費税率が4月1日から引き上げられるのに伴い生じる「駆け込み需要」に合わせる形で値下げをすることで、オフィス用品の購入促進を図るとしている(【発表リリース:コピー用紙など約3,000品番を3月末までの期間限定で値下げ】)。

↑ 今キャンペーンで値下げされる商品(一例)
↑ 今キャンペーンで値下げされる商品(一例)

今回の期間限定価格引下げキャンペーンは、「カウネットカタログ2014年春夏号」「カウネット家具カタログ2014年春夏号」の発刊日2月17日と同じタイミングでスタートするもの。4月1日から消費税率が現行の5%に3%加算され8%に引き上げられることを受け、その引き上げ前にコピー用品などの消耗品の購入量を増やす動きがあることから、その動きをさらに加速化させるための試み。

今件では税率引き上げの前のまとめ買いの対象となりやすいコピー用品やクリヤーホルダー、ティッシュペーパー、飲料などの消耗品を中心に、2月17日から3月31日までの期間限定で値下げが行われる。またオフィス家具でも同時期にデスク、OAチェアなどで最大15%の値下げが実施される。値下げの具体的商品名やその値下げ度合いは、2月17日発刊の同社カタログ、そのカタログに同梱されるチラシ、そして同社の専用ページにて展開していくことになる。

↑ カウネットトップページから。「消費税増税直前!」のコピーと共に、3月31日までの期間限定で値下げすることをうたっている
↑ カウネットトップページから。「消費税増税直前!」のコピーと共に、3月31日までの期間限定で値下げすることをうたっている

↑ 専用ページ。今キャンペーンで値下げした一覧が掲載されている
↑ 専用ページ。今キャンペーンで値下げした一覧が掲載されている

個人ベースでの文具消費はそれほど多くないので、下手にまとめ買いをしても場所を取るだけとなり、かえって不便さを覚える場合がある。プリンター用紙やクリップなど消費が多い物なら良い機会かもしれない。一方、自営業や中小企業の場合は常に一定数の備えが必要なため、今件のようなキャンペーンはありがたい話。備品の補充には良い機会かもしれない。


■関連記事:
【購入数や頻度が減り、まとめ買いが増える…消費税率アップ後の普段のお買物情景の変化】
【消費税と税収の関係をグラフ化してみる(2013年)(最新)】
【「税込総額の方がいい」「軽減税率希望」消費税引上げに関する消費者の意見】
【6割近くは「引き上げ分引き締める」…消費税率引き上げ後の消費性向】
【消費税率引上げ直前の駆け込み購入、トップはやはりアレでした】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー