ありそで無かったこの発想・カレーや焼肉、担担麺的そうめんのつゆ登場

2014/02/19 17:10

永谷園は2014年2月18日、夏定番の料理の一つであるそうめんを美味しくいただくためのストレートタイプの専用つけつゆの新作として、「まんぷくそうめんつゆ 焼肉風しょうゆ」「同 まろやか担々」「同 こく旨カレー」を同年2月24日から発売すると発表した。価格はいずれも202円(税別)。内容量270グラム(2-3人前)。賞味期間は12か月(【発表リリース:「まんぷくそうめんつゆ(焼肉風しょうゆ、まろやか担々、こく旨カレー」、2/24(月)より新発売のお知らせを掲載しました】)。

↑ 左から「まんぷくそうめんつゆ 焼肉風しょうゆ」「同 まろやか担々」「同 こく旨カレー」
↑ 左から「まんぷくそうめんつゆ 焼肉風しょうゆ」「同 まろやか担々」「同 こく旨カレー」

今商品はパッケージのイラストや商品名からも想像がつくように、子供向けに開発されたもの。夏定番のそうめんに関して「飽きる」「味気ない」「物足りない」などの不満点が小中学生などを中心に聞かれることを受け、永谷園側では「そのような意見を持つ人が満足できるよう、具入りで食べ応えのある味わいのそうめん専用のつけつゆを創ろう」との方針で、今つけめんの開発を行った。

創られた味わいは3種類。いずれも「しっかりとした味」を主題におき、かつそうめんと程よく合うものが選ばれている。「焼肉風しょうゆ」は肉の旨味にごま油とコチュジャンを効かせた、甘辛い焼肉風味のつゆ。鶏肉とごまが具として入っている。「まろやか担々」はたっぷりのゴマの風味に豆板醤を加えた、濃厚でまろやかな担々味のつゆ。鶏肉とすりごまの具入り。そして「こく旨カレー」はかつおだしに肉の旨味を加えた、こくのあるカレー味のつゆ。鶏肉とたまねぎが入っている。

そうめんのつゆとしてはごまだれが今件商品群に近いコンセプトを有しているが、具入りと表現するほどのものでは無い。またレトルト系食品やラーメンスープの素が余っている際に、そうめんだけでなくパスタやうどんなどの素の麺に合わせて、オリジナルな麺とつゆの組合せを楽しんだ経験を持つ人は多いはず。今件はそうめん用つゆとしてのアレンジはしてあるものの、基本的にその「合わせ技」的なものをあらかじめ商品として創り上げた品々となる。

リリースの表記を見るに小中学生をメインターゲットに据えているようだが、その層には恐らく「こく旨カレー」がもっとも受けが良いと思われる。一方で「焼肉風しょうゆ」「まろやか担々」はむしろ、それより上の層から高い支持を集めるのではないだろうか。

いずれにせよ、あっさりとした、軽い食感というそうめんのイメージを根底からくつがえす「そうめん専用のつゆ」なだけに、どこまでそうめんにマッチした味として創り上げられたのか、非常に気になる商品に違いない。


■関連記事:
【そばの味わいとラーメンのコシが楽しめる乾麺「そばらーめん」登場】
【そうめんがパスタや塩ラーメンに変身する麺つゆ、キッコーマンから発売】
【七夕飾りに見立てた具材…ローソンで冷し七夕そうめん予約受付開始】
【一食当たりのカロリー198kcal以下・ノンフライどん兵衛がリニューアルして登場】
【「夏の麺」「好きな麺」とは違います やっぱり夏は「やっこい麺」だネ】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー