【更新】ウェブコミック配信サイト「クラブサンデー」3月25日オープン

2009/03/04 19:45

「続きはクラブサンデーで」イメージ小学館から毎週水曜日に発売されているコミック週刊誌「週刊少年サンデー」に連動する形で2008年12月に期間限定でスタートした、ウェブコミック配信サイトソク読みサンデーの規模を拡大する形で、クラブサンデーなるサイトが2009年3月25日からオープンすることが3月4日までに明らかになった。現在は開催日までのカウントダウンと共に、掲載予定の作品群のカットなどが展開されている。

ソク読みサンデー
ソク読みサンデー

クラブサンデー
クラブサンデー

「ソク読みサンデー」は元々小学館が運営している、「デジタル立ち読みサイト」こと【ソク読み】の兄弟分として、また、週刊少年サンデーの創刊50周年記念企画として2008年12月24日に配信が開始されたもの。期間限定・無料配信・登録不要で閲覧が出来る。現時点まで、掲載された作品はかつて週刊少年サンデーで連載されていた作品の描き下ろし新作(「GOLDEN★AGE」「呪法解禁!! ハイド&クローサー」)のみ。発売中の単行本を一部「デジタル立ち読み」できる「ソク読み」とは少々色合いの異なるサイトとして、注目を集めていた。

現在それぞれ第6話・新5劇まで連載が進んでいたが、その続きの「第7話」「新6劇」は「クラブサンデーで」とあり、たどった先にあるのが【クラブサンデー】となる。

「クラブサンデー」で掲載予定と思われる作品群は次の通り(ウェブ上から確認)。

「夏草ホームベース」(平手将之)
「銀塩少年」(後藤隼平)
「GOLDEN★AGE」(寒川一之)※
「幻影少年」(万乗大智)
「呪法解禁!! ハイド&クローサー」(麻生羽呂)※
「紅の騎士ロックウェル」(灘谷航)
「本日のギャグのおすすめ」(遊眠)
「ポップコーンアヴァター」(星野倖一郎)
「M・S DOLLS」(菅原健二)
「まにまに」(松浦聡彦)
「サムライナンバー11」(野田宏)

※「ソク読みサンデー」からの継続

ただし現時点でこれ以上の情報は(オープン日までのカウントダウン以外)見当たらず、どのような形式で配信されるのかは一切不明。恐らくは「ソク読みサンデー」と同じようなスタイルだとは思われるが、「ソク読みサンデー」で現在行われている[アンケート]に

Q25:ソク読みサンデーが有料の漫画雑誌サイト(月1000ページ以上更新)化した場合、月額いくらなら読んでもいいと思いますか?

・「1000円以上」・「999-600円」・「599-400円」・「399-100円」・「100円未満」・「有料なら読まない」

という項目があり、有料化も検討しているフシが見受けられる。ともあれ、詳細は今後オープンまでのカウントダウンが進むとともに、明らかにされていくだろう。



描き下ろしだけで構成されていた「ソク読みサンデー」が直接の収支・他のコンテンツに与えた影響もあわせ、どのようなそろばん勘定を小学館(と作者陣)に与えたのかは不明だが、何か動きがあることだけは確か。

ウェブベースでの新規コンテンツ作成・配信では、いかにビジネスモデルを形成していくかが最大のハードルといえる。どのような計算・戦略でその「ハードル」を超える目算がついたのだろうか。上記「ソク読みサンデー」アンケートでは微に入り細に入り、インターネットや携帯電話の利用状況、支払い料金の状況などを聞いている。読者のネットへの係わり合いを少しでもリサーチした上で、「ソク読みサンデー」の経験を活かしながら「クラブサンデー」に反映させていくものだと期待したい。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー