国産素材のみを利用した「ピュアロールケーキ」、ローソンで発売

2013/10/16 08:30

ピュアロールケーキローソンは2013年10月15日、「プレミアムロールケーキ」シリーズの新商品として、すべての原材料を日本国産の素材に限定して製造した「ピュアロールケーキ」を同日から発売すると発表した。価格は160円(税込)。納品都合上、すでに14日夕方の時点で入荷している店舗もある(【発表リリース:「ピュアロールケーキ」発売】)。

↑ ピュアロールケーキの中身(左)とパッケージ(右)
↑ ピュアロールケーキの中身(左)とパッケージ(右)

「プレミアムロールケーキ」は2009年9月に発売を開始した、ローソンのプライベートブランドスイーツ。専門店の商品のような見た目と味わいをコンビニで気軽に購入できるとして話題を集め、続々と新味を展開していく中で同社の注目アイテムとなり、さらにコンビニ各社のスイーツ開発競争の引き金ともなった。現在では累計で2億個以上を発売し、今回の「ピュアロールケーキ」で種類数としては66品目となる。

「ピュアロールケーキ」に用いられている7つの原材料はすべて日本国産。スポンジは北海道産小麦粉、国産卵、国産バター、国産米油、北海道産甜菜糖を、生クリームは北海道産純生クリーム、北海道産脱脂濃縮乳、北海道産甜菜糖を使用している。小麦粉はきめ細かい北海道産の国産品を利用することで、より一層ふんわり・しっとりとしたスポンジを形成する。また砂糖に北海道産甜菜糖を用いることで、甜菜糖の持つコクと深みのある甘みを表現することができる。

パッケージにはシンプルに商品名「ピュアロールケーキ」を英語と日本語で描き、その下に「7つの国産素材だけで作りました」と商品の最大特徴をシンプルに書き連ね、アピールしている。

「すべての原材料を国産素材のみで製造」は商品アピールのポイントとしてはかなり高い位置にあり、注目する人も多い。一方、味わいとして、すべて国産の原材料を使った結果「プレミアムロールケーキ」シリーズの定番アイテム「プレミアムロールケーキ」とどこまで違いを見せるのか、気になるところ。両商品を食べ比べ、その違いを確認してみるのも、通好みの楽しみ方といえよう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー