通常の4倍もの卵を使った生地…サークルKサンクスから生クリーム入りカスタードクリームパン発売

2013/10/16 12:00

生クリーム入りカスタードクリームパンサークルKサンクスは2013年10月15日、同社のプライベートブランド「プチ贅沢(プレミアム)シリーズ」の新作商品として「生クリーム入りカスタードクリームパン」を同年10月22日から同社店舗で発売すると発表した。価格は130円(税込)。通常パンに用いる量の4倍の卵を使ったパン生地が特徴(【発表リリース(PDF):卵を通常の4倍使用した「生クリーム入りカスタードクリームパン」10月22日から全国のサークルKとサンクスで販売】)。

↑ 生クリーム入りカスタードクリームパン
↑ 生クリーム入りカスタードクリームパン

「プチ贅沢(プレミアム)シリーズ」とは、こだわりが強い20代から40代の女性に需要に応えるべく、「ちょっと贅沢な気分を味わってほしい」との方針に基づいて開発された商品群。これまでに「香り立つレーズンフランス(クルミ入り)」「生クリーム仕込みのチョコスコーン」「オリーブオイルが入ったチーズフォカッチャ」など、通常のメニューに工夫を加え、ワンランク上のリッチ感を味わえる品々が発売されている。

今回登場する「生クリーム入りカスタードクリームパン」は、北海道産の純生クリームと卵黄を使ったカスタードクリームがぎっしりと詰まったクリームパン。最大の特徴はパン生地にあり、通常の4倍もの卵が用いられている。さらに発酵バター入りのマーガリンを練り込み、しっかりとしたコクを堪能できる生地に仕上げられている。そして上白糖をトッピングし、アクセントを加えている。

クリームパンは菓子パンの中ではオーソドックスな部類に入るため、差別化を図るためにクリームに注力が加えられることが多い。ところが今商品ではクリームだけでなく生地にも力が入れられ、卵がたっぷり配合されたものが用いられている。通常の3倍どころか4倍もの卵で作られたパン生地が、果たしてどのような食感、旨味をもたらすことになるのか。そしカスタードクリームとの相性はいかなるものなのか。クリームパンを好む人はもちろんだが、普段から菓子パンを食している人にも気になる一品に違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー