1991年当時のパッケージを再現・「HI-C オレンジ」「HI-C アップル」ペットボトルで登場

2013/10/17 07:30

「HI-C オレンジ」「HI-C アップル」コカ・コーラシステムは2013年10月15日、1973年の発売開始以来今年で40周年を迎える果実飲料ブランド「HI-C」の新商品として「HI-C オレンジ」「HI-C アップル」の2品目を同年10月21日から発売すると発表した。価格は500ミリリットルペットボトルが147円・280ミリリットルペットボトルが120円(いずれも税込)。「アップル」は500ミリリットルのみ発売(【発表リリース:発売40周年を迎えるHI-Cブランドから1991年当時のパッケージデザインを復刻した果実飲料が登場】)。

↑ 「HI-C オレンジ」(左)と「HI-C アップル」(右)
↑ 「HI-C オレンジ」(左)と「HI-C アップル」(右)

1973年の「オレンジ」登場の登場以来、グレープやグレープフルーツ、パイナップルなど多種多様な味わいやパッケージデザインで展開された「HI-C」だが、現在では200ミリリットルサイズの瓶詰のもののみが発売されている。今回は1991年当時に展開された350グラム構成の缶タイプのパッケージデザインをそのままペットボトル版として復刻し、発売することとなった。

「HI-C オレンジ」「HI-C アップル」は手摘み果実の果汁と純水を使用した、すっきりとした味わいを持つ果実飲料。果汁は両種類とも1991年発売当時の仕様と同じ20%配合で、保存料・着色料は使用していない。ビジュアル、そして味わいと共に、30代以上には「懐かしさを覚える一品」、若年層には「レトロ感を覚えさせる、気になる一品」としてアピールしていくと説明している。確かにシンプルでダイレクトなデザインと配色は、他の飲料と並べて配された場合、かえって目立ち、注目を集めるに違いない。

2006年にはほぼ同じデザイン(ただし今回の1991年版よりも前の世代のものを対象としたため、ロゴなどが傾いたものとなっている)の缶タイプが復刻発売されたが、今回はペットボトルでの展開となる。需要、ドリンクの飲用スタイルの変化を実感させる変化といえよう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー