天丼てんやで秋の風物詩「播磨灘産 かき天丼」期間限定登場

2013/10/18 07:55

播磨灘産 かき天丼ロイヤルホールディングスは2013年10月17日、同社が運営する天丼専門店「天丼てんや」において同年10月21日から、秋季限定メニュー「播磨灘産 かき天丼」を発売すると発表した。11月27日までの発売。価格は830円(税込、みそ汁付)。持ち帰り用の「かき天丼弁当」も同額でみそ汁は付かずお新香付き。単品として播磨灘産蒸しかき150円・大イカ180円も同時に期間限定で発売する(【発表リリース(PDF):旨みたっぷりの 「播磨灘産 かき天丼」登場】)。

↑ 播磨灘産 かき天丼
↑ 播磨灘産 かき天丼

今回登場する「播磨灘産 かき天丼」は、【天丼てんやで秋の味覚を盛り込んだ「松茸ぎんなん天丼」など秋季限定発売】で紹介した「松茸ぎんなん天丼」に続く、秋季限定メニューの第二弾。滋養豊富な海として知られる兵庫県播磨灘産の「かき」、そして「大イカ」や、定番人気の「海老」など海の幸を豊富に盛り込んだ一品。去年に続き秋季限定として登場することになる播磨灘産の「かき」は新鮮で肉厚、ミネラル分も豊富で栄養価も高く、人気を集めているが、今年は去年と比べて一回り大きなものを採用しているのがポイント。また鮮度の良い大粒な身をスチーム加工してふっくらと蒸した「かき」を仕入れ、揚げている(一人前で二つ入っている)。

さらに大ぶりで柔らかな「大イカ」、安定感のある人気を誇る「海老」、付け合せとして欠かせない「まいたけ」「いんげん」も盛り合わせることで、海の幸と野菜の味わいを一つの丼の中で存分に堪能できる。なお蒸しかきと大イカは単品メニューとしても提供されるため、「かき天丼」にさらに蒸しかきや大イカを追加し、一層リッチな海の幸具合を楽しむこともできる。

昨年のメニュー展開でかきの汁感たっぷりな味わいを何度も体験した人には、まさに「待ってました」的な一品の登場。販売期間が1か月強とやや短めなので、食べ逃しのないよう十分気を付けた上で、思う存分味わってほしいものだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー