史上初の新幹線婚活、JR東日本秋田支社が展開

2013/10/20 11:00

Konkatsu Express スーパーこ・まちコンJR東日本秋田支社は2013年10月18日、同年12月8日に新幹線の「スーパーこまち車両(E6系)」などで行う日帰り旅行を兼ねた婚活「Konkatsu Express スーパーこ・まちコン」(「・」はハートマーク)を執り行うと発表した。予約受付期間は2013年10月19日から同年11月20日。募集人数は男女100名ずつ。旅行代金は男性1万円、女性8000円。びゅう予約センター(インターネット、電話)での申し込み。同性2名1組での参加、20歳以上40歳代までの独身が対象(【発表リリース:スーパーこまちコンを行います】【スーパーこまちコン公式ページ】)。

↑ スーパーこまちコン公式ページより
↑ スーパーこまちコン公式ページより

今回の「婚活」イベントは、「キセキの出会いをあなたに」をキャッチフレーズに、秋田県、あきた結婚支援センター、秋田県内各JA、秋田ステーションビルなどの協力のもと、「街コン」(特定地域の振興をも目的とした合コン)を「スーパーこまち車両」をメインに、田沢湖畔、ホテルメトロポリタン秋田などをも舞台として展開するもの。

列車内では自己紹介を各自行い(いわゆる「婚活エクスプレス」)、定期的に席替え(5分から10分おき)をして出会いを演出。その後、田沢湖畔では「杜の湖畔レストラン ORAE」でシンプルなティーパーティーを実施。さらにホテルメトロポリタン秋田でのビュッフェパーティーや抽選会が行われる。イベントの進行役はバリトン伊藤氏・多可享子氏の両氏。

「婚活エクスプレス」は秋田駅を13時25分に出発し、ホテルメトロポリタン秋田でのビュッフェパーティー(立食)は19時半に終了する、日帰りのスケジュール。

レストランやホテルのビュッフェでの婚活パーティーはありがちな話だが、列車内で座る形(向かい合わせの席に男女2名1組ずつ座るとのこと)での婚活は意表を突いたスタイルといえる。狭い場所でのやりとりとなるため、司会による演出、場の盛り上げが必要不可欠となるが、バリトン伊藤氏・多可享子氏によるプロモートに期待したいところ。わざわざ新幹線内での婚活となれば、物珍し好きはともあれ、少なからぬ人が何らかの形で鉄道に興味を持っている……という認識で考えると、案外会話の流れもスムーズに進むかもしれない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー