【更新】ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」、4月11日に一般公開

2009/04/04 10:40

ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」イメージ海上自衛隊横須賀地方隊は2009年4月2日、先に就航したヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」の一般公開を同年4月11日に行うと発表した。公開時間は9時30分-16時、入場時間は9時30分-15時、場所は海上自衛隊横須賀地方総監部(最寄り駅はJR横須賀駅、京急汐入駅)([発表リリース])。

ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」
ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」

「ひゅうが」はヘリコプター搭載・ひゅうが型護衛艦の第1番艦(16DDH)。平成16年(2004年)度予算で建造が進められており、基準排水量は1万3950トン、全長197メートル・全幅33メートル、哨戒・掃海・輸送ヘリなどを搭載し、対空ミサイルやバルカンファランクスをはじめとした各種対空装備などを実装。見た目は小型の航空母艦だが、実際にはヘリコプターのみを運用する艦艇であり、指揮能力の高さもあわせ災害時の救助活動にも大いに役立ちうる立ち位置を占めている。

今回は就役後初の一般公開となるだけに、多くの人の注目を集めることが予想される。なお入門に際して手荷物検査などが行われる、駐車場は無いので公共交通機関を利用する必要がある、ペット同伴は不可、公開中は係員の指示に従って行動するなど、諸般注意事項がある。参加希望の人は公開告知ページに目を通し、確認をしてから足を運ぶようにしよう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー