駅めぐり 駅メロ拾って 駅ラリー 京浜急行 キャンペーン実施

2009/04/23 06:25

「京急・駅メロラリー」イメージ【京浜急行電鉄(9006)】では2009年4月25日から同年6月26日までの予定で、列車接近時のメロディ「駅メロディ(駅メロ)」を携帯電話の着信メロディ(着メロ)として配信する「京急・駅メロラリー」を実施する。駅メロが流れている駅(17駅)に設置されている専用端末におサイフ機能付ケータイをかざすと、その駅の駅メロを着メロとしてダウンロードできる(【発表リリース】)。

「京急・駅メロラリー」
「京急・駅メロラリー」

「京急・駅メロラリー」は、京急が2008年11月から使用をはじめた「駅メロディ」(列車が接近してくることを、ホームで待っているお客に知らせる音楽。京急では沿線17駅で、楽曲を公募し、昨年11月から使用している)の普及を目的に行われるもので、ラリー形式で各駅のメロディを着メロとしてダウンロードできる。

設置された専用端末からのダウンロードは無料だが、別途パケット通信料が必要。対応機種は主要3キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル)でおサイフケータイのみ。また、配布期間は8駅が対象となる第1弾が4月25日から5月24日まで、残りの9駅が対象となる第2弾が5月26日から6月26日まで。ちなみに1駅で1曲のみであり、1駅でキャンペーン中の駅メロを全部取得できるわけではない(スタンプラリーみたいなもの)。また、事前登録は必要なく、携帯電話や個人を特定することもない。

実施期間・駅・メロディ・端末設置場所
実施期間・駅・メロディ・端末設置場所

さらに第1弾、第2弾それぞれの期間で全駅メロを取得し、携帯電話上にスタンプを集めると、「京急オリジナルスペシャル音源」がプレゼントされる。

専用端末の設置場所は駅によってさまざまで、駅改札内の場合もあれば、券売機のそばにある場合もある。駅構内の場合は、入場券などが必要。

京急に限らず、主要の鉄道会社では首都圏の駅を中心に、駅毎に個性あふれた駅メロを採用している。普段聞きなれた駅メロを自分のケータイの着メロとして使いたい人も少なくないことを考えると、今回の京急の「京急・駅メロラリー」は大変ありがたいキャンペーンといえる。ぜひ他の鉄道会社も似たようなサービス・キャンペーンを実施してほしいものだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー