【更新】1パック100キロカロリーぴったりな イカスデザイン チップス登場

2009/05/19 05:08

100キロカロリーパックイメージヤマザキナビスコは2009年5月18日、1パックあたりのカロリーを100キロカロリーに設定したビスケットシリーズ「100キロカロリーパック」3品(「オレオクリスプ」「リッツトーステッドチップス」「チップスアホイ! クリスプ」)を同年6月8日から発売すると発表した。価格63円(税込)。コンビニ・量販店にて展開([発表リリース])。

100キロカロリーパック「オレオクリスプ」「リッツトーステッドチップス」「チップスアホイ! クリスプ」
100キロカロリーパック「オレオクリスプ」「リッツトーステッドチップス」「チップスアホイ! クリスプ」

今回発売される「100キロカロリーパック」は、健康志向の高まりの中、自分自身でカロリーコントロールができるポーションコントロール商品(質と量の双方をコントロールできる商品)をコンセプトにすえている。いずれもロングセラーなブランドの風味を活かし、新しいタイプのビスケットとして展開している。

特徴は次の3つ。

1.手軽に食べられる新ビスケットチップス
2.輸入菓子のようなおしゃれなデザイン
3.間食はしたいがカロリーもコントロールしたい場合に調整しやすい

100キロカロリーのお菓子というと、【「100キロカロリーだ!」「ならうちは90キロカロリー!」カロリー削減競争が進む米スナック事情】にもあるようにアメリカではカロリーの計算のしやすさから人気を集め、競争が起きており、さらには90キロカロリーのものも登場するなどカロリー削減のせめぎあいまで見受けられる。また、少量のお菓子をちょっとつまむという間食スタイルは【口休めに最適!? 1個10円の「10円まんじゅう」が売れているという話】でも触れているがここ数年の間、デスクワークをしている人たちの間で一つのライフスタイルとなりつつある。

100キロカロリー分というとパッケージも結構ミニサイズな気がするが、アメリカンなパッケージはちょっとオシャレで見た目も目立つので、案外多くの人の目に留まるかもしれない。あとはどれだけ美味しさを提供できるかだが、こればかり発売されてみないと分からない(笑)。値段も安めであるし、見かけたら試してみるのも良いだろう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー