【更新】個人向け粒ガムガチャガチャ・机の恋人「ガチャガム」タカラトミーから登場

2009/05/22 05:24

ガチャガムイメージ【タカラトミー(7867)】は2009年5月21日、ダイヤルを回すことで粒ガムが取り出せる、卓上タイプの粒ガムディスペンサー『ガチャガム』を同年5月28日から発売すると発表した。価格1554円(税込み)。色は「ベリーレッド」「フルーティピンク」「パッションオレンジ」「ミントブルー」「ライムグリーン」「リフレッシュブラック」の計6色。サイズは100×190×125ミリ、重量230グラム(【発表リリース、PDF】)。

ガチャガム
ガチャガム

ガチャガムイメージ「ガチャガム」は手のひらサイズの本体透明ドームに、好きな粒ガムを詰め替え、ダイヤルを回すと一粒ずつ取り出せる、粒ガムホルダー用の容器。今商品ではロッテとコラボレーションを組むことにより、ロッテのファミリーボトルタイプの粒ガムなら、詰め替えることなく直接差し込んで使用することもできる。

「ガチャガム」本体の下部取り出し口には、ほこりなどの混入を防ぐ「ふた」を取り付けることができるほか、本体背面にはガムに付属している「捨て紙」を収納可能な専用ポケットを装備している。また、手入れも簡単で、部品はすべて水洗いが可能になっている。カラーは上記6色だが、着せ替えシートで好きなデザインにカスタマイズも可能。[公式ページ]では着せ替え用シートも提供していく。

【「毎日間食」女性は4割、チョコレートが大好き!】【江崎グリコ(2206)、ビジネスマンの勤務中における「ちょっと口休め」なおやつこと「男おやつ」が常識との調査結果】にもあるように、職場の息抜き用アイテムとして少量に分けたお菓子が流行る中、【仕事中にちょっと口休め、江崎グリコが「お菓子専用ボックス・冷凍冷蔵庫」レンタルサービス開始】のような遊び心込みのサービスも人気を博すようになっている。今回の「ガチャガム」は発想のオモシロさやサイズ・価格の手軽さ、そして見た目の可愛さなどもあり、多くの人に注目されるに違いない。ボトルガムの容器そのままを使うのも良いが、この「ガチャガム」に移し変えることで、ちょっとオシャレな空間を演出することもできるだろう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー