【更新】セガトイズからミニサイズのアイスメーカー「くるりんアイスクリンS」登場

2009/05/28 07:33

くるりんアイスクリンSイメージ[セガトイズ(7842)]は2009年5月28日、手軽にアイスクリームを創れる「くるりんアイスクリン」シリーズ商品として、より手軽さを追求したコンパクトサイズの『くるりんアイスクリンS』を同年7月2日から発売すると発表した。価格4725円(税込み)、サイズは140×160×110ミリ([発表リリース])。


くるりんアイスクリンS
くるりんアイスクリンS

「くるりんアイスクリン」は2008年7月に発売された子ども向けのアイスクリームメーカーで、現在までに11万台が発売されているヒットセラー。今回の「くるりんアイスクリンS」は、「本格的でおいしいアイスクリーム作りを楽しめる」というコンセプトはそのままに、もっと簡単に・小さく手軽に・短い時間で・自分だけのためにアイスクリームを作るための、いわば「パーソナルなアイスクリームメーカー」。「くるりんアイスクリン」が3-4人前でポットの冷却時間に7時間ほど要していたのに対し、「くるりんアイスクリンS」では1.5-2人前の容器サイズで冷却時間も3時間で済むなど、まさに「私だけのアイスクリームメーカー」をイメージしている。

アイスクリームの創り方
アイスクリームの創り方

さらに今回は「くるりんアイスクリン」と「くるりんアイスクリンS」双方に使える周辺機器として『くるりんアイスクリンらくちんユニット』も発売される(価格2625円、税込み)。これは従来「くるりんアイスクリン」なら15分、「くるりんアイスクリンS」なら10分ほど「手動で」かき混ぜねばならなかった最後の工程を、電動でかき混ぜてくれるオプションユニット。「アイスを自分で作りたいけど、かき混ぜるのは疲れるし面倒」という人には、これを使えばセットした後はアイスの完成を待つだけで済む(利用電源は単三×4本)。

一応商品ターゲットは6歳以上となっているが、手作り料理を作るのが好きな子ども向けとしてだけでなく、スイーツ好きなOLにも「ちょっとした量のアイスが欲しい」というニーズに応えてくれることだろう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー