のり付け出来てドット楽になる!? スタンプのり「ドットライナースタンプ」6月8日登場

2009/06/03 07:33

ドットライナースタンプイメージ【コクヨ(7984)】2009年5月29日、同社グループ会社のコクヨS&Tがスタンプのように押して部分的に乗り付けできる業界では初のスタンプの『ドットライナースタンプ』を同年6月8日から発売すると発表した。価格は本体420円、詰め替え用テープ262円(税込み)(【発表リリース】)。

テープのり「ドットライナースタンプ」
テープのり「ドットライナースタンプ」

「ドットライナー」シリーズとは、2005年から発売を開始したドット(点)状に粘着する、手軽にのり付けが出来るテープのり。のり切れの良さと高い粘着性を実現している。今回発売される「ドットライナースタンプ」は片手で押すだけで、スタンプのように繰り返し一定サイズの「のり」を簡単に塗る事ができるようになるというシロモノ。さらにキャップを開いて先端部を紙に当てたまま本体を後ろに引く事で、これまでの「ドットライナー」シリーズのように、テープ状にのりを塗っていくこともできる。つまり、のりを貼り付けたい場所にあわせて、塗り方の使い分けができるというもの。

のり付けしたい場所により、使い分けができる
のり付けしたい場所により、使い分けができる

利用可能回数は、約600回。本体は使い捨てではなく、内部ののり(テープ)が詰め替えできるタイプなので、何度でも使う事ができる。本体サイズは31×23×91ミリ・テープ寸法は幅8.4ミリ長さ6.5メートル。ペンケースにも入る小さなサイズ。

この小さなサイズでのりの貼り付け方が2タイプ選択できるというのは、案外便利なもの。普通のスティックのりだとスティック部分が崩れてしまったり、容器とキャップの間からはみ出すなど、使用時や収納時に難儀を感じることもあるが、「ドットライナースタンプ」ならその心配も要らない。何よりスタンプのようにノリをぺたぺた貼り付けられるのは面白そうだ。もちろん通常ののりと比べれば多少値が張るが、その値に恥じぬだけの活躍ぶりを見せることだろう。


■関連記事:
【ポンと押してもう安心・個人情報保護スタンプ「ケシポン」とは?】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー