「コロ・チャー」に続く変革第二弾 「シーフード」には「貝柱」導入

2009/06/17 07:27

貝柱入りカップヌードル・シーフードヌードルイメージ[日清食品(2897)]は2009年6月15日、同車が発売しているインスタントカップめんの「カップヌードル・シーフードヌードル」に、具材として「貝柱」を加えることを発表した。同年7月6日発売分から入ることになる。価格は170円(税別)。内容量75グラム(めん60グラム)(【発表リリース】)。

貝柱入りで品質強化の「カップヌードル シーフードヌードル」
貝柱入りで品質強化の「カップヌードル シーフードヌードル」

【「コロ・チャー」に 変わったお肉の ヌードルが 合計1000名 当たるチャンスだ】にもあるように、日清食品では発売25周年を迎えることもあり、「新・うまい! カップヌードル」をコンセプトとし、同社の看板商品であるカップヌードルブランドの進化を模索しており、第一弾として2009年4月には「カップヌードル」にチャーシューの「コロ・チャー」を導入している。今回は第二弾として、「カップヌードル・シーフードヌードル」に、新しくうまみたっぷりの具材である「貝柱」を導入した。単に具材として美味しいだけでなく、そのうまみがスープに溶け込むことで、コクの深い美味しさを演出するという。

これらの品質強化を経て日清食品では、「カップヌードル」ブランドだけでなく、カップめん市場全体の活性化をはかる、としている。

先日【個人用カップヌードル給湯器を見た海外の反応】でも紹介したが、日本国内向けのカップヌードルに入っているエビには多くの海外の人たちが非常に興味関心を引くような反応を示している。今回の貝柱の導入には、どのような反応を見せるのだろうか。同じ海産物の具材なだけに、気になるところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー