【動画追加】家族みんなでアクション「焼肉」ゲーム!? 「-お肉バンバン取り合いゲーム-焼肉王」登場

2009/07/10 05:08

「-お肉バンバン取り合いゲーム-焼肉王」イメージバンダイは2009年7月8日、同社子会社のメガハウスが同年7月23日から、「焼肉」をモチーフにした、家族で楽しめるマルチプレイゲーム『-お肉バンバン取り合いゲーム-焼肉王』を発売すると発表した。サイズは300×260×62ミリ、価格3990円(税込み)(【発表リリース】)。


-お肉バンバン取り合いゲーム-焼肉王
-お肉バンバン取り合いゲーム-焼肉王



東京おもちゃショーに登場した「焼肉王」(2009.7.23.追加)

『-お肉バンバン取り合いゲーム-焼肉王』は、たくさんお肉を取った人が勝ちとなるアクションゲーム。お肉を焼く網(本体)の上にある肉やウィンナー、ピーマン、コーン、たまねぎといった具材をトング(ピンセットのようなもの)を使ってすばやく取るのを競い合うというもの。具材は焼ける(ひっくり返る)と取りやすくなるので、ひっくり返るチャンスを見ながら、わき目もふらずに具材をたくさん取ることに集中する。

具材にはそれぞれ「肉20点」「ウインナー15点」「ピーマン、コーン、たまねぎ各10点」と点数がついており、自分の取り皿に多く具材を集め、その具材の合計点数が一番高い人が勝ちになる。さらにトングには具材がとりやすくなる「ハンデパーツ」も用意されており、子供も一緒に楽しむことができる仕組み。

多人数で焼肉をすると、言葉通り「バトル」が繰り広げられることが多々ある。とはいえ、それをそのままゲームにするあたり、発想の奇抜さを感じさせてくれる。このノリならば、、『-お肉バンバン取り合いゲーム-焼肉王』の人気が出ればオプションパーツで「カルビ肉」「エリンギ」などが登場したり、類似のシリーズとして「すき焼き帝王」「しゃぶしゃぶ将軍」なども開発される、かもしれない(笑)。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー