【更新】加ト吉と永谷園が握手して生まれたカンタン朝食セット「明日の朝ごはん 味噌汁付」発売へ

2009/07/17 04:45

明日の朝ごはん 味噌汁付イメージ加ト吉は2009年7月15日、無菌包装米飯と味噌汁を組み合わせた「明日の朝ごはん 味噌汁付」を同年8月25日から発売すると発表した。価格170円(税別)。ご飯170グラム・味噌汁5グラム([発表リリース])。

明日の朝ごはん 味噌汁付
明日の朝ごはん 味噌汁付

「明日の朝ごはん 味噌汁付」は、加ト吉発の無菌包装米飯の手軽さを活用し、忙しい朝に向けた「朝専用のご飯」をコンセプトに開発した、加ト吉と永谷園の提案商品。味噌汁は即席味噌汁のトップメーカー永谷園の、具材入り粉末味噌汁を採用している。このような「無菌包装米飯」「味噌汁」の組み合わせ商品は、食品業界では初となる。

今商品では写真にあるように、無菌包装米飯の外蓋(シュリンクラベル)と内ぶたとの間に味噌汁の袋を挿入して包装している。無菌包装米飯は電子レンジで2分加熱するだけ、味噌汁はお湯を注ぐだけで簡単に食べることができ、忙しい朝に手早く朝食の用意が可能となる(もちろんご飯を電子レンジで温める時には、内部の味噌汁の袋を取り除いておくのを忘れずに)。

明日の朝ごはん 味噌汁付イメージ使われているお米は新潟県産こしひかり。ストレス社会で働く方への朝食であることを考慮して、リラックス効果を持つことで知られる機能成分であるGABA(γ-アミノ酪酸)を配合している。さらにパッケージ下部には透明な小窓がついていて、購入前に中の白いごはんを確認することができる仕組みになっている。味噌汁は「合わせ味噌」の味噌汁(米味噌にかつおぶしで味付け)で、おふ、ねぎ、わかめが具材に用いられている。

例えばカレーと共にご飯を食べる際には無くても良いが、朝食などで「それほどおかずは要らない」「でも出来ればご飯が食べたいな」という時には、確かにご飯に味噌汁があらかじめ用意してあるのはありがたい。また朝食でなくとも、このセットと惣菜を1、2品買えば、それなりにまとまった和食の食事を用意することができる。何気ない工夫かもしれないが、案外嬉しい組み合わせといえよう。


スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー