妻帰省、毎日ラーメン飽きてきた…社長が考案「カップラーメンが更に旨くなる魔法の粉」発売

2013/11/12 17:00

カップラーメンが更に旨くなる魔法の粉食品製造・卸売を行う味源は2013年11月12日、カップラーメン専用の粉末調味料「カップラーメンが更に旨くなる魔法の粉」を、同年11月10日から発売していると発表した。価格は500円(税別)。内容量90グラム。レッドペッパー味・ブラックペッパー味の2種類。商品サイズは100×30×194ミリ(【発表リリース:4,000億円市場のカップラーメンに新提案! 味源、「カップラーメン専用」の粉末調味料を発売】)。

↑ カップラーメンが更に旨くなる魔法の粉
↑ カップラーメンが更に旨くなる魔法の粉

今商品はラーメンに合う魚介だしをベースにした粉末調味料。「スパイスの香り高く魚介ベースのだしが加わった、深い味わいを感じていただけるスープ」をコンセプトに創られた。出汁のメインとなる原料には鰹節(焼津産)、鯖節(九州産)、煮干し(瀬戸内海産)と、こだわりの国産原料を使用。黒こしょうのさわやかな香りがアクセントの「ブラックペッパー味」、赤唐辛子の辛味が効いた「レッドペッパー味」の2種類を展開する。

カップラーメンが更に旨くなる魔法の粉・利用風景目安量はカップラーメン1杯あたり小さじ1杯から3杯。「いつものカップラーメンのスープ」が、魚介の風味豊かな味わいに生まれ変わる。この分量で使用した場合、1袋あたり約20杯分使うことが可能となる。またチャックを実装しているので、複数回に使い分け、保存をしておくこともできる。

リリースによると今商品の開発のきっかけは、同社の社長が昨年末、妻の帰省中に夕食としてカップラーメンを食べ続けたことにあるとのこと。美味しいカップラーメンでも毎日食べ続けていると飽きが来る。案の定、社長も飽きが来て「もっとおいしいものが食べたい」との想いを抱き、一心発起して創り上げた。

カップラーメンの国内市場は4000億円規模。食品スーパーの調味料コーナーを見渡せば、調味料や専用のかやく、味つけを付加させる関連商品が相当数出ているのに気が付く。今件商品は「カップラーメン専用の粉末調味料」という新ジャンルの開拓との話だが、果たしてどこまで受け入れられるのか。「魔法」を冠するほどの旨味付加効果はどれほどのものなのかと合わせ、注目したいところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー