横山光輝「三国志」がトランプでよみがえる

2009/08/16 09:33

横山光輝「三国志」トランプイメージ東京・お台場に建造された実物大の「機動戦士ガンダム」が大人気となったことを受けて、各所で懐かしのアニメ作品の有名キャラが実物、あるいはそれに近いスケールで建造される計画が持ち上がっている。『鉄人28号』や『魔法使いサリー』などのアニメ、漫画『三国志』などで有名な横山光輝先生の生まれ故郷である兵庫でも、同先生の偉業を称え、巨大な「鉄人28号のモニュメント」を建造するプロジェクト【KOBE鉄人PROJECT】が行われている。そのプロジェクトチームの事業の一環として、2009年8月22日・23日に開催される【三国志祭】において、オリジナルの横山光輝先生「三国志」トランプが発売されることが明らかになった(【発表ページ】)。

KOBE鉄人PROJECTオリジナル横山光輝「三国志」トランプ
KOBE鉄人PROJECTオリジナル横山光輝「三国志」トランプ

KOBE鉄人PROJECTおよび「三国志祭」のサイトを確認したが、今のところ同トランプの詳細(サイズや価格)などは公開されていない。絵柄については写真にあるように、裏面には赤地に白で「神戸鉄人計画」の文字と飾り、表面には「三国志」に登場した多種多彩な武将の絵柄が、名前・所属する国と共に描かれている。

紹介ページではメジャーどころで関羽、董卓、孫権、司馬懿、諸葛亮、曹操、周瑜、貂蝉、呂布の絵柄が描かれている。他にどのような武将が登場するのか、気になる人も多いに違いない。なおこの『KOBE鉄人PROJECTオリジナル横山光輝「三国志」トランプ』は同年8月25日からはネット販売も予定している。「三国志祭」に足を運べない人も、楽しみに待とう。

「ぬぬぅ、謀ったな孔明!」「ジャーンジャーンジャーン!」「どかっ、ひーっ」など、「三国志」の有名なセリフや擬音を口にしながらカードを切りだしていく日もそう遠くはないだろう。

(C) 光プロ/KOBE鉄人PROJECT

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー