重量約240キロで世界最大ギネス認定、ロッテのキャンディ「カフカ」の巨大版

2013/11/13 12:05

巨大カフカくんロッテは2013年11月13日、同社が発売しているソフトキャンディ「カフカ」で創られた「巨大カフカくん」が、ギネスの「LARGEST CHEWY CANDY(最も巨大なチューインキャンディ)カテゴリ」において、世界記録に認定されたと発表した。重さは238.25キログラム(商品版カフカの約6万8071個分)、高さ約73センチ、幅約73.2センチ、周囲は約255センチになる(【発表リリース:巨大カフカくんが「世界最大のソフトキャンディ」に認定】)。

↑ 世界一巨大なチューインキャンディの巨大カフカくん
↑ 世界一巨大なチューインキャンディの巨大カフカくん

↑ ギネスに認定された時の様子
↑ ギネスに認定された時の様子

カフカは2012年に発売を開始したロッテのチューインキャンディ(ソフトキャンディ)。不思議な食感、歯につきにくいという特徴に加え、イメージキャラクタが活躍するテレビCM・イメージ映像が子供を泣き止ませる効果があるとして話題を呼び(【カフカ公式ページ】)、商品の話題性に拍車をかけることとなった。


↑ 泣き止み動画としてカフカの知名度を押し上げた「ふかふかかふかのうた」(公式動画)。【直接リンクはこちら:ロッテ カフカ "ふかふかかふかのうた"】

商品発売後着実に知名度を高めつつある「カフカ」とそのイメージキャラクタ「カフカくん」について、ロッテ側では「一緒になった形で何かおもしろいことができないか」と思案。その考えが、今回の「カフカで巨大なカフカくんを作り世界一を目指す」という挑戦に結びつくこととなった。

造形スタッフによれば、当初は粘土細工のように作り上げようとしたものの、素材がしっかりとしたものだったことから、「大きな塊を作る」「その塊を削っていく」という、巨大な彫刻を作るプロセスを採用することになったとのこと。ソフトキャンディの特性から、温度・湿度による変形が心配され、その管理に難儀したものの、3人から5人がかりで10日かけて完成した。

ロッテ側では今回の挑戦を通じ、さらに多くの人達に「歯につきにくい」「かめばかむほど美味しい」という商品特性を持つカフカを知ってもらい、より多くの人に愛されるブランドにしたいとコメントしている。

なお製作に使用したカフカは、ギネスから認定を受けた後、1週間以内に関係者でおいしくいただいたとのこと。……とあるが、この場合、単純計算で1日あたり1万個近い消費をする必要がある。恐らくロッテ社内では認定式が終わった後、毎日のようにお茶請けにカフカの塊が山ほど積まれたに違いない。


■関連記事:
【世界もシビれる巨大ガム・ロッテが1メートル超の世界一大きな板ガムでギネス達成】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー