【更新】自分の絵が空を飛ぶ、かも!? 小松基地でF-15のデザイン募集

2009/09/09 07:48

小松基地F-15イメージ航空自衛隊小松基地では現在、2009年11月1日に同基地で開催予定の「小松基地航空祭」にあわせ、F-15戦闘機(1機)に描く記念塗装のデザインを募集している。デザインの募集は同基地では初めての試み。優秀賞に選ばれた作品1点は実際にF-15戦闘機に塗装され、航空祭当日に地上展示されることになる([発表リリース])。

記念塗装のデザイン募集
記念塗装のデザイン募集

募集される記念塗装のデザインコンセプトは「空」「石川県小松」をイメージできるもので、応募資格は航空祭当日に基地へ足を運べる人。応募方法は応募用紙(応募ページからのリンク先に掲載)に描いた上で小松基地に郵送するか、描いたものをデジタルカメラで撮影し、応募アドレスまで必要事項を記入して送信する。締め切りは同年9月25日必着。

優秀賞に選ばれた1点はF-15に塗装され、受賞者は基地祭り(とそこでの表彰式)にご招待。さらに別の日にF-15かT-4練習機の後部座席に搭乗し、地上滑走の体験を計画している。

なお地上滑走には15歳以上の健康な人などの制限があることや、応募作品の著作権は小松基地に帰属するものとし、塗装・広報誌・ホームページなどで無償で使用すること、そして著作権のあるデザインは審査の対象にはならないことなどの注意事項がある。

著作権の絡みから色々と制限はあるが、絵心のある人は挑戦してみてはいかがだろうか。自分の絵が戦闘機に描かれ、さらにF-15に試乗(地上滑走とはいえ)できる、滅多に無い体験ができるかもしれないのだから。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー