肉好きの聖地になるかも!? ナムコと京王電鉄が日本初・肉料理のテーマパーク「東京ミートレア」企画開発

2009/09/11 07:56

東京ミートレア(仮称)イメージナムコは2009年9月10日、【京王電鉄(9008)】と協力し、日本初となる「お肉料理のテーマパーク『東京ミートレア(仮称)』」を企画開発したと発表した。東京都八王子市・フレンテ南大沢新館に建設され、約1130平方メートルの面積を持つテーマパークとなる予定(【発表リリース】)。入園料は無料。

施設完成イメージ
施設完成イメージ

「東京ミートレア」はナムコの持つテーマパークのノウハウを生かし、京王電鉄が新設する複合商業施設「フレンテ南大沢」新館の集客核施設としてオープンする、肉料理のテーマパーク。「“いつもよりちょっとご馳走、ちょっとご褒美、ワクワク気分で幸せをもたらす”お肉料理」をフレーズに、非日常的な空間の中で肉料理を楽しむことができる。

お肉料理店は、都内でも行列が絶えない有名店や、東京初進出となる地方の人気店など、美味しさはもちろん、価格やボリュームにおいても充分に満足できる7店舗が全国から集まる予定。また園内環境は、色彩豊かな情景が特徴的で、肉料理の種類も豊富なスペインをモチーフに、活気ある賑やかな街エリアと緑豊かで安らげる村エリアを演出していく。

さらにお肉料理の発祥や豆知識が学べるミュージアムエリアを併設。食べるだけに留まらない、見る楽しさや知る楽しさを提供する

ナムコ発の食事系テーマパークといえば、【「横浜カレーミュージアム」来年3月末で閉館】の横浜カレーミュージアムや、池袋の餃子スタジアムなどが名を知られている。「お肉料理」となるとカレーや餃子と比べてやや領域が広いようにも思えるが、どのような「食の夢の世界」をこの地上に創造してくれるのだろうか。開催時期なども含め詳細は後日発表されるとのことで、オープンはずいぶんと先の話になるようだが、今から楽しみでならない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー